恋愛

『男が全員浮気するわけではない!だけど・・・』浮気に関する残酷すぎる男の本音

ベッドで密着する男女

女子カレユーザーのみなさんこんにちは、ライターの小山です。

突然ですが、みなさんは彼氏に浮気されたこと、ありますか?


とある統計によれば、男子のおよそ30%は二股をかけていると言われています。

これは「二股をかけたことがある」男子が全体の30%いるということではなく、現在交際相手がいる男子の30%が進行形で二股をかけているということです。


つまり、ある種の男子にとって「二股」は呼吸のように当たり前のこと。

息を吸うように他の女に手を出し、息を吐くように「君だけだよ」的な台詞を複数の交際相手に告げているわけです。


こういった「浮気男」たち、女子の目線からすれば

「こいつらに罪悪感はないのか?サイコパスか??」

という感想を持つのではないでしょうか。

浮気男たちは、実際何を考えて二股をかけまくっているのでしょうか。彼らに罪悪感はあるのでしょうか。本稿では男性目線の本音を語ります。


浮気の大多数は「浮気」ではなく「乗り換え」

浮気の大多数

最初にちょっと残酷な話をすると、男性は本命相手なら、あまり浮気しません

本命彼女と付き合った男たちというのは、基本的にはもう滑稽なほど彼女一筋、フォーリンラブフォーエバー状態に陥っており、彼女と一緒の時間を過ごすことがあらゆる優先順位の最上位に来てしまったりしています(少なくとも2,3年は)。ですので「本命」とくっついた男子の浮気というのは、あまり聞いたことがありません。


では、なぜ3割もの男たちが二股をかけているという統計があるのか。

コレ、要するに、彼らは「浮気」としているつもりはなく、「乗り換え」をしているつもりなんです。


「なんとなく繋ぎで付き合ったけど、もっと良い条件の人が出来たから乗り換える」

「別れ話はめんどくさいので、自然消滅を待つ」

みたいな感じ。


彼らの中では、「彼女」のはずの人はもうとっくに「元カノ」になっているわけです。

なので、女子の主観的には「浮気された!」「二股かけられた!」という事例の多くが、男子目線から見ると「元カノ(別れ話はしてない)がなんか騒いでる」という事態に見えてしまうのです。


「いや、元カノと思ってんなら、ちゃんと別れ話してキッチリ別れろよ!!!」


女性300万人位の声が聞こえてきそうですね。僕もそう思います。

しかし、男子目線からすると「きっちり別れる」メリットって、ぶっちゃけほぼ皆無なんですよ。


・別れ話はめんどくさい

・泣かれたり騒がれたりするのは嫌

・自分から振ると悪者にされやすい


などのデメリットはもちろん、


・とりあえず付き合ってる感じにすればセックスもできる


みたいなメリットもあります。


500万人くらいから殺意の波動を送られている気もしますが…すいません、しかしこれはマジなお話です。「繋ぎ」みたいな相手に対しては、男子は誠意を見せようとしません。なぜなら男子の意識は「次」に向かっており、「繋ぎ」に対して誠意を見せても無駄だよな、と思っているからです。


ですので、もし彼氏があまりに軽率に浮気を繰り返しているようなら、その彼氏はあなたのことを「本命」として見ていないサインかもしれません。自分を大切にしてくれない、そういう「繋ぎ」扱いの恋愛は本当に後に何も残しませんので、早めに撤退することをおすすめしておきます…。


本命彼女がいても浮気する男の心理と罪悪感

浮気する男の心理と罪悪感

さて、さきほど 「男は本命相手なら、あまり浮気しません」 と書きました。これは本当です。本当…なのですが、時に、本命彼女を持っている男子も浮気に手をだすことがあります。何故か。


性欲のせいです!!!

と簡単に片付けてしまうと、700万人くらいから石を投げられそうなので、もう少し詳しくご説明しましょう。


少し話が飛びますが、みなさんはロシアの大作家ドストエフスキーをご存知でしょうか。彼は作家としても著名だったのですが、賭博中毒者という顔も持っていました。


そんなギャンブル中毒のドストエフスキーさんが、賭博、ギャンブルについて語ったある名言があります。曰く

「(賭博で儲ける)チャンスがあるのに、それを見送るのは何よりも苦しいものだ」

とのこと。


「いや、儲かるとは限らないじゃん!?」

とギャンブル中毒ではない我々は思いますが、賭博という営みのある種の本質を突いた言葉だとも思います。つまり、「チャンス(機会)を逃す」というのは、そのチャンスに勝った時の快感を知るものにとっては、何よりもつらい。例えるなら自分が大損をしたような気持ちにさせられてしまうわけです。


長々と、なぜドストエフスキーの話などをしたかというと、ドストエフスキーのこの心理は、浮気をする男の心理に極めて近いからです。


本命の彼女がいる、その彼女を大切に想っている。

そんな男でも、「チャンス」を感じてしまうと、その誘惑を振り切るのは極めて難しい。


もちろん、後で後悔します。罪悪感も抱きます(本命彼女持ちの場合は)。

しかし、「チャンス」を前に「彼女いるから無理!」とキッパリ断れる男は、あまり多くないのです…。


ちなみに本命彼女がいて、さらに浮気をしても罪悪感を抱かない益荒男も少数ですが存在します。彼らの言い分はたいてい「本能なんだから仕方ないじゃん!!!」です。まぁ、うん。仕方ない…のか…な?判断は読者のみなさんに任せます…。


はい、というわけで浮気男たちの心理についてでした。

本稿はだいぶ女性読者の怒りを買いそうで、今から著者としても震えております。


ちなみにこういった男に浮気をさせない1番のコツは「しっかり搾り取っておくこと」が個人的にはベストソリューションだと思っております。参考にして頂ければ幸いです。



▼著者:小山晃弘の人気コラム▼

男が教える「ヤリ目男」と「本気男」の特徴と見分け方
あなたの彼氏は大丈夫?浮気男が取りがちな言動チェックリスト5つ
既婚男子に聞く!男たちが結婚に踏み切った3つの理由
「重い女」をやめる方法 なぜあなたのLINEは既読無視されるのか?

  • 小山 晃弘(ブロガー・フリーライター)

    「セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。

    ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

    公式サイト:人類応援ブログ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ