自分磨き

入社して6か月、この時期になりやすい「中だるみ」を脱出する3ステップとは?

仕事の中だるみ

「入社した時と比べて、最近、仕事のやる気が出ないなぁ……」こんなことを感じている新入社員の人はいますか?

入社して6か月、こんな「中だるみ」になる人が増えるのが9月なんです。


入社したての頃は、覚えることがたくさんあって、毎日があっという間に過ぎていきます。しかし、時間が経つにつれ、だんだんと仕事を覚え、職場にも慣れ、自分の仕事のペースがつかめてきます。


そうすると、緊張感も薄れていき、仕事のモチベーションが低下しやすくなります。これが「中だるみ」の時期です。


もし、あなたがこの「中だるみ」になっているのであれば、ぜひ続きを読んでみてください。「中だるみ」の脱出方法をご紹介します。


「中だるみ」になる理由とは?

仕事をする若者

なぜ「中だるみ」は起きてしまうのでしょうか?それは、入社して6か月ぐらいが経つとこんなことを感じたり、考えたりするようになるからなんです。


・仕事に慣れてきて、自分がやっている仕事が簡単でつまらない仕事に感じてしまう

・仕事や会社の現実が見えたような気がして、「自分がやりたいことってこれだっけ?」と考えてしまう

・自分ができないこと・苦手なことがわかってきて、自分はダメなんじゃないかと思ってしまう

・別の会社に就職した友達の方がいい選択をしたように感じてしまう


そして、不安、焦り、辛さ、苦しさ、怒り、虚しさなどさまざまな感情が押し寄せてきます。

すると、仕事のやる気がだんだんと失われていきます。これが「中だるみ」を生み出すのです。


あなたもこんな状態ですか?

もしそうであれば、次の3ステップを実践して、この「中だるみ」から脱出しましょう!


「中だるみ」を脱出する3ステップ

「中だるみ」を脱出するには、次の3つのステップが効果的です。


ステップ1:自分自身を振り返る

ステップ2:周りから期待されていることを確認する

ステップ3:キャリアプランを作成する


それぞれのステップでやるべきことを見ていきましょう。


ステップ1:自分自身を振り返る

仕事

まず最初のステップは、入社してから現在までの自分を振り返ることです。

特に自分の「変化」に注目しましょう。


・入社してから増えた知識は何ですか?

・入社した時にはできなかったけど、今はできるようになったことは何ですか?

・入社してから新しくできた友達や仲間はいますか?


仕事をしていると、自分ができないことや苦手なことに目がいきがちです。でも、できるようになったこと、つまり自分の「成長」も見てあげましょう!


きっと新しい自分を発見できるはずです。そして、仕事に自信をもてるようにもなるはずです。


ステップ2:周りから期待されていることを確認する

期待されている

自分を振り返ったら、次は周りにも目を向けてみましょう。


仕事に慣れてくると、仕事を一人でやっているように感じてきてしまいます。でも、んです。周りには同僚や先輩そして上司がいて、さらに、あなたの仕事は社内外の多くの人とつながっているのです。

それを思い出して、周りに目を向けてみます。そして、あなたが周りから期待されていることを考えてみましょう。


・上司はあなたにどんなことを期待しているでしょうか?

・同僚や先輩はあなたにどんなことを期待しているでしょうか?

・あなたの仕事は誰の役に立っているでしょうか?


これを考えてみます。

考えてもわからなければ先輩や上司に聞いてみましょう。

あなたが周りから期待されていることを知ると、きっと仕事の見え方も変わってくるはずです。


ステップ3:キャリアプランを作成する

キャリアプラン

ここまでできたら、最後のステップです。それはキャリアプランの作成です。


まずは、あなたが周りから期待されていることを踏まえて、1年後の「ありたい自分」を考えてみましょう。

「ありたい自分」と言っても、そんなに大きなことを考える必要なないですよ。

周りから期待されていることの中から、今はできていないけど、今からの1年間で実現できそうなことを考えましょう。その「ありたい自分」の姿を思い浮かべることができたら次に進みます。


次は、ステップ1で振り返った「今の自分」を思い出します。

そして、「今の自分」と「ありたい自分」を比べてみて、そのギャップを書き出してみましょう。


ギャップを書き出すことができたら、そのギャップを埋める方法を考えます。もし、ギャップを埋める方法が思い浮かばなかったら先輩や上司に聞いてみましょう。


最後に、そのギャップを埋める方法をいつ、どうやって、どれぐらいの期間で実施していくのか?これを具体的に計画に落とし込みます。


ここまでくると、きっと仕事のやる気がよみがえっているはずです。


仕事は人生の3分の1を占めます。そんな仕事がつまらないのは嫌ですよね。

この3ステップを実行して、仕事を楽しいものに変えていきましょう!



参考文献

「職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査」 

独立行政法人 労働政策研究・研修機構



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

部下のやる気を引き出す7つの方法

あなたが仕事をする上で譲れないものって何ですか?―自分の仕事の価値観を知ろう!

時間を忘れて何かに没頭した経験ってありますか?…幸福度を高めるフロー体験とは?

女性が活躍している会社ってどうやって見つければいいの?

あの人はなんで仕事ができるんだろう?―その答えはコンピテンシーにあった!

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ