仕事ができる人

あの人はなんで仕事ができるんだろう?―その答えはコンピテンシーにあった!

  • 更新日:2019/04/17

「この人、仕事ができるなぁ」と感じることってありますよね。

そんな人を見て、「どうすれば私も仕事ができるようになるんだろう?」と考えたことのある人はいますか?


もし、あなたがそうであれば、「仕事ができる人がいつもやっていることって何だろう?」この答えを知りたくないですか?


実は、仕事ができる人には共通の行動特性があることがわかっているんです。これを「コンピテンシー」といいます。

聞いたことがありますか?


これを知っておくと、あなたも「仕事のできる人」に近づけるかもしれません。では、具体的に「コンピテンシー」にはどんなものがあるのか見ていきましょう!


コンピテンシーとは?

分からない女性

コンピテンシーを簡単にいうとこう表現できます。

「ある状況や職務において高い業績をあげている人の行動特性」


このコンピテンシーを大きく分けると次の5つのカテゴリーに分類できます。


(1)チームマネジメント

(2)達成行動

(3)思考力

(4)対人影響力

(5)セルフマネジメント


では、それぞれのカテゴリーごとに代表的なコンピテンシーを見ていきましょう。


(1)チームマネジメント

●リーダーシップ

部下に対して方針やビジョンを示して、その方向に部下を動機づけて動かしていくことができる力。


●育成力

部下の能力やスキル、長所を把握して、それをさらに伸ばしていくことができる力。


●チームワーク

組織全体やチームのことを考えて、メンバーと協力して目標を達成していくことができる力。


●強制力

部下にルールを守らせたり、自分の指示に従わせたりすることができる力。


(2)達成行動

●達成志向性

仕事の目標を自ら設定して、その達成に向けて粘り強く取り組んでいくことができる力。


●顧客志向性

自分の仕事の顧客は誰なのかを意識して、常にその顧客が求めていることを考えて行動することがで きる力。


●徹底確認力

仕事をする上で漏れやミスがないかを徹底的にチェックすることができる力。

また、ミスを未然に防ぐ方法を考えることができる力。


●先見性

将来の変化を予想して、それに向けて対応策や戦略を考えることができる力。


(3)思考力

●分析的思考力

現状や問題などを正確に把握して、それを分析して考えることができる力。


●概念的思考力

一見すると関係のない事象などに共通の意味や関係を見つけることができる力。

また、それによって新しい考え方や独自の理論を作りあげることができる力。

 

●情報指向性

あらゆる情報源を開拓して、必要な情報を早く正確に収集することができる力


●専門性

自分の強みである専門的な知識やスキルを伸ばすことを追求できる力。


(4)対人影響力

●対人理解力

相手の言葉や態度を理解するだけでなく、その裏にある真意や意味も察して理解することができる力。


●関係構築力

どんな相手であっても良好な人間関係を構築することができる力。

 

●組織感覚力

組織の中の人間関係やその力関係、意思決定の構造、組織風土などを把握し、それを活用できる力。


●対人影響力

自分の考えている通りに動いてもらうために、効果的な方法で相手を説得することができる力。


(5)セルフマネジメント

●自己貫徹力

自分の強い信念を持ち、それを貫き通すことができる力。


●柔軟性

状況に応じて臨機応変に対応することができる力。


●セルフコントロール

高ストレスの状況にあっても、自分を見失わず、前向きに安定した行動をとり続けることができる力。


●自発的努力

向上心をもって、自分の成し遂げたいことのために努力をし続けることができる力。


●組織貢献力

所属する組織から自分が求められていることを理解して、その期待に沿うために行動することができ る力。


自分の強みとなるコンピテンシーを育てよう!

自分の強み

ここまで見てきたのは、代表的なコンピテンシーです。このコンピテンシーはすべて発揮できないといけないという訳ではありません。仕事によって必要とされるコンピテンシーは変わってきます。


そうなると、「じゃー、私はどのコンピテンシーが発揮できるようになればいいの?」という疑問が沸いてきますよね。


そこで、あなたが発揮すべきコンピテンシーを知る方法をお教えします。それは、あなたが「仕事ができるなぁ」「私もこうなりたいなぁ」と思う人を観察することです。


あなたの目指したい「モデル」の行動を観察して、その人が発揮しているコンピテンシーを見つけましょう。もし機会があれば、直接その人に普段考えていることについて聞いてみるのもいいでしょう。

その人が発揮しているコンピテンシーがわかったら、その人の行動や考え方をマネします。

はじめは意識しないとできないと思います。でも、これを続けていけば、意識しなくてもそのコンピテンシーを発揮できるようになります。

それがあなたの「強み」になっていくはずです。


そうすると、あなたも自然と周りから「あの人って仕事ができるよね」と噂されるようになるでしょう。まずは、自分が目指すべきモデルを見つけて、マネをすることからスタートです!


参考文献

「キャリアコンサルティング 理論と実際」 木村周 著 一般社団法人雇用問題研究会



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

転職する理由には男女差があった!女性に多い転職理由とは?

夏のボーナスの新たな使い道!キャリアを高めるための自己投資をしてみませんか?

どうしよう、内定がもらえないよ……そんなときに行うべき3つのステップ

キャリアを会社任せにするとリスクが高まるワケ

もしかして、あなたも事務職希望ですか?

  • 浦田大暁 (キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag