自分磨き

就活で面接がうまくいかない……そんな時に確認すべき3つのこととは?

面接

面接がうまくいかない……。

そんな悩みを抱えている就活生はいますか?


就職活動が本格化してくるこの時期、面接を何社か受けた人も多いでしょう。しかし、その中には、1次面接を突破できずに苦しんでいる人も出てきます。


面接の数日後に「お祈りメール」が届くと、「私の何がいけないんだろう……」こんなことを考えてしまいますよね。

何か自分の存在が否定されたようで、ショックで落ち込んでしまう人もいます。


そんな面接がうまくいかない就活生のために、今、確認すべき3つのことを紹介します。


面接に臨む前に確認すべき3つのこととは?

就活

あなたは、面接に臨む前にどんな準備をしていますか?

面接は、「ありのままの自分」を見せればいいと思うから、何も準備をしない。これは問題です。


とりあえず、エントリーシートに書いた内容を暗記した。

→これは必要なことですが、これだけでは足りません。


面接を受ける会社のホームページや会社案内を確認した。

→これは良いことですが、十分ではありません。


では、何をすればいいのでしょうか?それは、次の3つを確認することです。


(1) Will

(2) Can

(3) Must


聞いたことがある人もいるかもしれません。これを就職活動に当てはめて、わかりやすくいうとこうなります。


(1) 自分がやりたいこと

(2) 自分が得意なこと

(3) 面接を受ける会社から期待されていること


それぞれ見ていきましょう。


(1) 自分がやりたいこと

仕事のビジョン

いきなりですが、質問です。

「あなたは面接を受ける会社で、仕事を通してどんなことを実現したいんですか?」


これにすぐに答えられる人は、自分がやりたいことが分かっている人です。


でも、この質問に答えられない人。やりたいことと聞いて、「営業」のように職種しか多い浮かばない人。

この人は、自分のやりたいことについて、もう一度考えてみる必要があります。


「自分がやりたいこと」というのは、あなたの欲求です。営業のような職種は、その欲求をかなえるための手段のひとつです。

だから、自分のやりたいことは職種ではなく、「〇〇したい」「〇〇を実現したい」といった欲求の言葉で明文化する必要があるんです。しかも、具体的にです。


例えば、「人の役に立ちたい」では不十分です。

なぜなら、仕事は必ず誰かの役に立っているからこそ、成立しているためです。「誰」の役に立ちたいのか? など、より具体的にしてみましょう。


もし、自分の欲求がわからないという人は、仕事をして幸せを感じている自分を想像してみてください。

それは、どんな自分ですか?


・人から感謝されている自分

・お金を稼いでいる自分

・人から頼りにされて、必要とされている自分

・権力を持っている自分

などなど


それがあなたの欲求です。そこから、「あなたは面接を受ける会社で、仕事を通してどんなことを実現したいんですか?」この質問の答えを探してみましょう!


(2) 自分が得意なこと

得意なこと

これは、人よりも優れている能力という意味ではありません。


自分が得意なこととは、

・自分が今まで経験してきたこと

・自分が好きなこと

・やっていて楽しいこと


こんなことです。これならすぐに思いつきますよね。


思いついたら、それを書き出してみましょう。「これって仕事と関係ないよね」ってことも書き出してみましょう。


(3) 面接を受ける会社から期待されていること

会社

実は、これが抜けている就活生がとても多いです。新入社員を募集している会社は、入社する新入社員に何かを期待していいます。

そうなると、当然、その期待に応えてくれそうな新入社員を採用します。


だから、面接を受ける会社が新入社員に何を期待しているかを知ることはとても大切なんです。こう考えると、当たり前のことですよね。だから、企業研究をして、会社説明に出て、人事の担当者や先輩社員の話を聞くんです。


でも実は、面接になると、「自分のやりたいこと」と「得意なこと」しか話をしない就活生が多いんです!


「自分のやりたいこと」が面接を受ける会社の仕事とどう関係があるのか?

「自分が得意なこと」が面接を受ける会社の仕事でどう役に立つのか?

そして、それらによって面接を受ける会社の期待に自分ならこう応えることができる!


これが面接でアピールすべきことであり、エントリーシートに書くべき内容なんです。


就職は会社との相性もある

会社との相性

ここまでは、面接に挑む前に確認すべき3つのことを整理して、面接でアピールすべきことを見てきました。それはこれでしたね。


「自分のやりたいこと」が面接を受ける会社の仕事とどう関係があるのか?


「自分が得意なこと」が面接を受ける会社の仕事でどう役に立つのか?


そして、それらによって面接を受ける会社の期待に自分ならこう応えることができる!


これで、面接に臨む準備はできましたね。


ただし、こんな現実も知っておいてください。それは、就職は「会社との相性」という要素もある、ということです。

会社には、それぞれ社風というものがあります。その会社特融の社内の雰囲気や社員の特徴のことです。

そして、採用するかどうかは、この社風に合いそうかどうかという相性も判断材料になります。

どんなに優秀でも「うちの社風には合わないよね」と不合格になることは普通です。


でも、相性って自分でコントロールできるものではないですよね。なので、準備を十分したのに不合格になったとしても、あなたが否定された訳ではないんです。


もし、面接で不合格になっても、「相性の合わない会社に入らずに済んだんだからよかったかも!」と気持ちを切り替えて次の面接に挑みましょう!


必ず、あなたを必要としてくれる会社はありますよ!



参考資料:「職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査」 

独立行政法人 労働政策研究・研修機構



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

新卒の3割が3年以内に離職!もし会社を辞めたくなったらやるべきこととは?

「最近の若い子は…」こんな愚痴を職場で言っていませんか?

「新入社員ってどうやって育てればいいの?」その悩みを解決する3つの方法とは?

新入社員のみなさん!これからの仕事で遭遇しやすい「壁」を知っておきましょう!

社会人になったら身につけたい仕事のストレスへの対処法とは?

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ