自分磨き

「幸せはお金で買えます!」といったらあなたは信じますか?

幸せとお金

「幸せはお金で買えます!」と聞いたら、あなたは信じますか?


「信じる!」という人は、お金と幸せの関係をすでに知っている方かもしれません。あなたの知っていることが合っているのか、このコラムで確認してみてください。


そして、「信じない!」という人は、こんなことを感じたからかもしれません。

・幸せってそういうものじゃないよね

・お金が無くても幸せになれるよ

・幸せすらもお金がないと手に入らない世の中なんてイヤだ!


でも、「信じない!」という人でも、「幸せがほしい!」という方は、ぜひこのコラムを読んでみてください。

きっとお金と幸せの関係が理解でき、そして幸せを手に入れる方法がわかりますよ。


まずは、お金と幸せの関係からみていきましょう。


お金と幸せの関係

ハッピー

幸せはお金で買える。


これを聞いて、こう思った人がいるかもしれません。

「そりゃー、お金持ちは幸せだよね!」


でも実は、お金があれば幸せになれるわけではないんです。きれいごとではなく、これは研究結果です。

何の研究結果かというと、ポジティブ心理学です。

ポジティブ心理学とは、まじめに人の幸せについて研究している学問です。


ポジティブ心理学の研究結果によると、お金や収入が人の幸福度に与える影響は限定的なんです!

収入が低い状態から収入が増えると、人の幸福度は高まります。しかし、その収入が生活に困らない一定以上になると、幸福度の伸びは鈍化するんです。


だから、お金をたくさん持っている人ほど幸福度が高いかというと、そんなことはないんですね。


実は、「幸せ」のカギは、お金の量ではなく、その使い方にあるんです。

これもポジティブ心理学の研究結果です。


ここが冒頭の「幸せはお金で買えます!」につながっていきます。


お金で買える5つの幸せ

何を「幸せ」と感じるのか?これは、もちろん人によって異なります。


でも、多くの人が幸せを感じるものは何か?これがポジティブ心理学の研究でわかってきました。


そして、その中で、お金で買うことができる「幸せ」は何かということもわかってきました。

もちろん、大金をはたいて買うものではなく、普通の人が日常で使える金で買うことができる幸せがあるんです。


どんなことにお金を使うと幸せを感じることができるのか?

それは次の5つです。


(1)人とのつながりが生まれる経験

(2)思い出話になりそうな経験

(3)自分の理想像に結び付く経験

(4)時間の余裕

(5)他人への投資


それぞれ見ていきましょう。


(1)人とのつながりが生まれる経験

友人とスポーツ

人は、他の人々と交流してつながりが生まれる経験にお金を使うと幸せを感じます。


例えば、こんな経験にお金を使うことです。

・同じ趣味をもつ人たちとの交流会やサークルに参加すること

・多くの人とスポーツを楽しむこと

・好きなアーティストのコンサートに行って、他のファンの人たちとの一体感を味わうこと


(2)思い出話になりそうな経験

旅行

人は、この先何年も楽しく話ができる経験や、めったにない経験をすることにお金を使うと幸せを感じます。


例えば、こんな経験にお金を使うことです。

・行ったことのない海外へ旅行にいくこと

・ずっとやりたかったことにチャレンジすること

・オーロラを見るなど非日常的な体験をすること


(3)自分の理想像に結び付く経験

エステ

人は、自分が思い描いている「理想の自分」に近づくことができる経験にお金を使うと幸せを感じます。


例えば、こんな経験にお金を使うことです。

・エステにいって、理想の自分に近づくこと

・目指している資格をとるために学校に通うこと

・料理教室などへ通って、自分が得たいスキルなど手にいれること


(4)時間の余裕

外食

人は、自分に時間の余裕をもたらしてくれることにお金を使うと幸せを感じます。


例えば、こんなことにお金を使うことです。

・家事代行サービスを頼んで、自分の好きなことに使える時間を手にいれること

・外食をして食事を楽しみながらゆっくりできる時間を手にいれること

・ちょっと家賃が高くなるけど、会社に近いところに引っ越して通勤時間を少なくすること


(5)他人への投資

プレゼント

人は、自分よりも他人のためにお金を使うとより幸せを感じます。


例えば、こんなことにお金を使うことです。

・大切な人へプレゼントをすること

・大切な人のお祝いパーティーをすること

・寄付や募金をすること


まとめ

いかがでしょうか?あなたにもできそうなものがありますよね?


もう気が付いているかもしれませんが、人は「物」よりも「経験」にお金を使うと幸福度が高くなりやすく、さらにそれが長く続くんです。


お金は量ではなく、どう使うかで感じる幸福度は大きく変わってきます。


ぜひ、こんな「経験」にお金を使ってみてください。

(1)人とのつながりが生まれる経験

(2)思い出話になりそうな経験

(3)自分の理想像に結び付く経験

(4)時間の余裕

(5)他人への投資


きっと人生がより豊かで幸せなものになりますよ!




参考文献:「「幸せをお金で買う」5つの授業」 エリザベス・ダン、マイケル・ノートン 著 吉川菜々子 訳 KADOKAWA



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

仕事が楽しくない……そんなあなたに! 仕事の満足度を高めるたった1つの方法

今年の目標は何ですか? その目標をこの5ステップで達成させましょう!

クイズ! 仕事、結婚、子供、お金……最も幸福度を高めるのはどれ?

やりたい仕事がわからなくて転職サイトを彷徨っていませんか?でもそれ間違った行動ですよ!

働くママとパパ、感じているストレスに違いがあるって知っていますか?

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ