自分磨き

自分に合う仕事がわかる!6つのパーソナリティ・タイプ

パーソナリティ・タイプ

『今の仕事が自分に合っていない気がする…』

『自分に合う仕事ってなんだろう?』


あなたは、こう思ったことはないですか?


でも『自分に合う仕事』、これはどうやって見つければいいのでしょうか?

そのカギはパーソナリティ・タイプにあります。


パーソナリティ・タイプとは?

パーソナリティ・タイプとは

パーソナリティ・タイプとは、簡単に言うと性格のタイプのことです。


アメリカの理論家ジョン・L・ホランドによると、人間の基本的な性格は、次の6つのタイプに分類できます。


1.現実的タイプ(Realistic)

2.研究的タイプ(Investigative)

3.芸術的タイプ(Artistic)

4.社会的タイプ(Social)

5.企業的タイプ(Enterprising)

6.慣習的タイプ(Conventional)


そして、このパーソナリティ・タイプがわかると、その人に合う仕事のタイプもわかるのです。


各パーソナリティ・タイプの特徴と、それぞれに合う仕事のタイプは次のとおりです。


6つのパーソナリティ・タイプ

6つのパーソナリティ・タイプ

1.現実的タイプ(Realistic)

物・道具・機械などを実際に使う活動を好みます。

手先が器用で、組立や修理が得意。

そして物事を現実的に捉えます。

モノの組立や機械を操作する仕事、 電気エンジニア、フォトグラファー、農業などの仕事に向きます。


2.研究的タイプ(Investigative)

生物学や物理学関係の探索的・研究的な 活動を好みます。

独立心が強く、自分の意見を明確に持ち、論理的に考えて合理的に判断します。

学者、研究職、専門技術者、SE、図書館員などの仕事に向きます。


3.芸術的タイプ(Artistic)

型にはまらず、創造的な活動を好みます。

芸術的な才能があり、独創性や創造性を 大切にします。

芸術的な仕事、デザイナー、編集者、ライターなどの仕事に向きます。


4.社会的タイプ(Social)

人に接する、支援する、教える活動を好みます。

コミュニケーション能力が高く、人の役に立ちたいという思いが強いです。

教育、介護、医療関係の仕事、接客業、カウンセラーなどの仕事に向きます。


5.企業的タイプ(Enterprising)

組織を動かすことや、他人との交渉を伴う活動を好みます。

社交的で、リーダーシップ、説得力、対人処理能力があります。

企業の管理職や営業職に向きます。


6.慣習的タイプ(Conventional)

決まったルールに従った行動や情報などを、秩序立てて整理する活動を好みます。

几帳面で粘り強く、書記的能力、事務処理能力、計算力があります。事務職、秘書、経理、受付などの仕事に向きます。


パーソナリティ・タイプの調べ方

パーソナリティ・タイプの調べ方

自分のパーソナリティ・タイプを知りたい人は下記で調べてみてください。

簡単な質問に答えるだけで、5分程度でわかります。


ヤリガイ! 無料パーソナリティ・タイプ診断


ただし、注意事項もあります。

それは、パーソナリティ・タイプ診断の結果は絶対ではない!ということです。


このパーソナリティ・タイプ診断では人間のパーソナリティを6種類に分類しています。

でも、人間のパーソナリティってもっと複雑ですよね。


なので、「自分に合う仕事はパーソナリティ・タイプ診断で出た仕事しかないんだ!」と思い込んでしまわないように気をつけてください。


パーソナリティ・タイプ診断の結果については、自分を知るための1つのピースだと考えましょう。


そして、この結果をもとに、より深く自分を分析してみてください。

そうすると、「自分に合う仕事」が見えてきます!


参考文献:「職業選択の理論」J・L・ホランド著 渡辺三枝子、松本純平、舘暁夫 共訳 顧問問題研究会



▼働く女性の関連コラム▼

仕事をする上で女性に起こりやすい3つの問題とは?
新入社員を最短で一人前へするために先輩ができるたった1つの努力
先輩の屍を超えろ!新入社員向け世渡りマニュアル
天気が悪いと体調も崩れる?意外と知らない「気象」と「心身」の関係性


  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ