浴衣

あなたの魅力が数段アップ♡この夏はぜひ浴衣を着てお出かけしませんか?

  • 更新日:2016/08/16

7月の上旬からチラホラ、8月に入ってはほとんど毎日、駅や街で浴衣を着た女の子を見かけます。涼しげで粋、おしとやかな魅力がアップ、夏には最高のドレスアップともいえるでしょう。

普通の人にとって、浴衣を着るのは1年に数回程度。だからこそ、着るときにはミスなく、かつ自分の魅力が最大限に引き出されるようにしたいもの。今回は浴衣の魅力と選び方をご紹介。


まだ予定のない方も、ぜひこの夏、浴衣を着ませんか?


浴衣女性の魅力って何?

夏祭りの会場で、風景を盛り上げるのは浴衣姿の女性たち。

小さな女の子から年配の人まで年齢問わず、一度浴衣を着ると、同じ人とは思えないほどしっとりした魅力がアップ!

やはりこの独特の「色気」が、浴衣の最大の魅力のようです。

「彼が喜ぶから」という意見も見逃せません。男性たちは、いつもショートパンツ姿で元気なイメージの彼女が、露出が低い浴衣姿でおっとりした動作をとると、たまらないものがあるようです。洋服だと何とも思わない、うなじやくるぶしも、浴衣から見えるとドキッとするそう。


もちろん、魅力は色気だけではありません。

たとえば「女子会で着ると華やぐから」という声もあります。女の子同士で着付けやヘアスタイルのことを相談したり、集合したらさりげなくチェックしあったり…。洋服は流行によって、似た感じになってしまうこともありますが、浴衣は柄や帯、ヘアスタイルがすべてかぶる、なんてことはそうそうありません。

個性を楽しめるおしゃれなのです。


洋服でいい派の意見は?

浴衣

反対に「浴衣なんて着なくていい」と言ってしまう人もいますね。もっとも多く聞かれる理由は「一年で数回しか着ないのでわざわざ買うのはもったいない」。

そうですね。数回しか着ない浴衣を買うお金で、一夏中着まわせるファストファッションアイテムを数点、手に入れることだって可能です。


そして、「暑い」「動きにくい」。

浴衣は、とりわけ胴が締め付けられて風が通らず、暑い思いをすることになります。足元も、歩幅が取れずにモタモタ。浴衣に合わせる草履も、鼻緒に指の間がこすれて痛みの原因になることもあります。

また「着崩れたら直せない」「ひとりで着られない」という声も多いですね。トイレに行ったら最後、裾を直せない人も多くいるようです。


洋服派さんに朗報!最近の浴衣事情

浴衣

しかし、最近の浴衣事情はだいぶ変わってきています。洋服派さんにもうれしい情報をいくつかご紹介します。


・リーズナブルなものがわんさか!

最近は浴衣の値段もずいぶん安くなりました。綿100パーセントのものが、2000円台からあります。これならリーズナブルな洋服と変わりありませんよね。古典柄なら流行に関係なく、毎年着ても古くなりません。帯によってイメージをガラリと変えられるので、安い古典柄のものを1枚持っておくだけでずっと着られますよ。


・洗濯機で洗えるものも…安いものなら、思い切って洗濯機で洗っても怖くありません(手縫いや、高級なものはやめておきましょう)。干す時も、家で物干し竿に袖を通し、陰干しするだけでOK。今は「仕立上り」といって、洋服のように最初から出来上がっているミシン縫いのものがたくさんあります。

洗濯表示に従って洗えば、わざわざクリーニングに出す手間をかけなくても、何度も清潔に着られます。


・着付け、たたみ方…今はパソコンやスマホで動画があります!各メーカーが動画をアップしてますし、半幅帯をセットにして販売しているところも。半幅帯はリバーシブルで使えるものが多いので、大活躍。

ぜひ、結び方を習得しましょう。練習すれば自分で出来るようになります。最初の巻き方さえ覚えれば、いろいろな結び方にもチャレンジしやすくなります。

帯の締め方、覚えると一生ものなのでこの夏はぜひ!


あなたの魅力がより映える!浴衣選びのアドバイス

浴衣

初めて買うときも困らない!

浴衣を選ぶときのポイントをお伝えします。


背が高い人

細かい柄のものは、背の高い人が着ると見える面積が大きいため、うるさく見えてしまいます。模様の一つ一つが大きい柄を選ぶと、すっきり、そして華やかに見えます。


背が低い人

背の高い人と反対に、柄が大きいものを選んでしまうと、何の柄か分からない、中途半端な印象になってしまいます。細かい柄、縦に並んだ柄を選ぶとよいでしょう。ストライプ柄も、背を高く見せてくれます。帯を鮮やかな色にすると、目線が上に向いて背の低さが気になりません。


痩せ型の人

洋服だと映える細身の体型ですが、着物だとどうも冴えない印象に。ウエストのくびれがハッキリしていて、前から見たときに肩と胴の差がありすぎると、帯がしわになることがあるので、帯の下にタオルを何枚か巻いて、バランスを整えましょう。


生地と帯の組み合わせ方

生地の色と反対色が基本ですが、迷ったときは、生地の柄の中の一色を帯の色にするのがオススメ。統一感が出ます。


下着は?

普通のブラジャーは、帯と締め付けが重なって苦しく、また、ワイヤーが当たると痛いので、しないのが無難。和服用の下着もありますが、わざわざ買わなくても、ブラトップなどで代用できます。

下半身はショーツの線が出ないよう、工夫が必要。特に、薄い色の浴衣は透けます。スカート用のペチコートで十分なので着用を。特に後ろ姿は必ずチェックしましょう。


髪は?

浴衣を着て長い髪の毛を下ろしていると、暑苦しく見えるもの。落ち武者、貞子など、ホラーに見えてしまうという声も。うなじをきれいに出してまとめましょう。頭の上の方にまとめると元気な印象に、下の方ならレトロ、または大人っぽい印象になります。髪飾りも浴衣の柄と合わせて、雰囲気を統一するといいですね。


歩き方にも気を配って

大股では歩けません。時間に余裕を持って、少し内股でゆっくり、小さな歩幅で歩きましょう。草履を履いたら、つま先をあまり上げずに、すり足のイメージで。鼻緒に指の間を押し付けず、1センチくらい足の位置を引いて履くと、足が痛くなりづらいです。


メイクとネイルはほどほどに

浴衣は、もともとはお風呂上がりに着るもの。リラックスカジュアルなので、バッチリメイクをしてしまうと「抜け」感がなく、首から上だけが暑苦しい印象になってしまいます。アイメイクでポイントを押さえたら、そのほかは透明感を心がけましょう。

ネイルも、シンプルなヌードカラーの単色や、浴衣の中の一色がオススメ。何も塗らないのも、実は男性の間では人気です。

足袋を履く人も見かけますが、素足が一番。かかとや爪の手入れも忘れずに。虫除けスプレーをして、くるぶし、足首をちらりと見せることで、魅力を演出して下さい。露出は抑えられているけれど、お風呂上がりのリラックスした素に近い感じ、というのが、浴衣の出せる色っぽさです!


準備から着ている時の行儀、脱いだ後の始末まで、浴衣は面倒なことも多いもの。しかし、浴衣を着たあなたの姿、帯でピンと伸びた背筋、アップにした髪の横顔やうなじなどにドキッとする人は多いはず。

浴衣は自分のためのおしゃれだけでなく、暑い夏、周りにも季節感や清涼感を届ける、素敵なものです。たまには浴衣を着て、周囲に「あれ?」と思わせてみませんか?


この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag