キャリアウーマン

目指せキャリアウーマン?今年4月から始まる「女性活躍推進法」ってどんなもの?

  • 更新日:2016/04/01

今年4月から「女性活躍推進法」が一般実施されます。女性が働きやすく、かつ活躍できる環境をと整備された法律。実際にあなたが働く上でどんな影響があるかご存じでしょうか。


あなたの会社も法律で変わる?!

女性活躍推進法は、会社が女性をきちんと雇っているか、活躍できる環境であるかどうかをチェックするための法律です。

具体的に何が行われるかというと、まず会社は社内の女性の活躍状況に関するレポートを作成。レポートに基づいて、今後どのように女性の活躍を推進するか計画を定め、提出・公表しなければなりません。また、社内の女性比率や勤続年数の男女差、管理職に占める女性の割合などのデータも公表されます。

ただ、これらが義務づけられるのは従業員301人以上の大企業のみ。300人以下の企業は「努力義務」なので、公表するかどうかはそれぞれの会社が決めることになります。

これらが行われることで、少なくとも従業員の多い大企業では女性の活躍状況がハッキリと分かります。大企業に勤めている人なら、自分の会社でどれだけ女性が活躍しているか確認できますね。また、就職・転職を考えるときにデータを参照して女性が活躍している会社を選ぶ…なんてこともできるはず。


今から10年間だけの法律!

ただ、今回の法律では「数値目標」を定めていません。つまり、女性の管理職の比率を〇パーセントにしましょうとか、勤続年数を〇年に増やしましょう、などの具体的な目標はないのです。そのため、実際に女性が活躍できる環境が整うかどうかは企業次第。熱心なところとそうでないところの差も激しいです。

ちなみに女性活躍推進法は2025年まで、10年間だけの期間限定の法律です。この10年でどれぐらい女性が活躍できるようになるのか…今後の展開が気になりますね。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag