カフェで楽しそうに談笑する女性

「婚活」より「友活」!?上手な友達づくりのススメ

  • 更新日:2016/03/17

大人になると仕事や家庭などさまざまな事情で、友達に割ける時間がどんどん少なくなっていきます。気づくと数年新しい友達ができていない…なんてこともありますよね。一方で、年を重ねてもどんどん友達が増える人もいます。

どうすれば大人でも友達ができるのでしょうか?


どうすれば友達ができる?

まず前提として、友達をつくるためには、継続的に人と会う機会が必要です。

一度会っただけで友達になる、というのは現実的ではありません。心理的にも会う回数と好意は比例すると言われています。まずは話さなくても何回か顔を合わせることが大事なんですね。

大人が友達を作るきっかけとしてよく挙げられるのが「習い事・趣味の集まり」。特に習い事は、継続的に同じ場所・メンバーで顔を合わせることが多いので、友達をつくるのにうってつけの環境といえます。同じ習い事をしている点で趣味関心も近いはずなので、そもそも距離が縮まりやすいのもポイント。

新しい場所に飛び込むのは勇気がいりますが、もうすぐ4月、年度も変わります。心機一転、自分磨きも兼ねて習い事を始めてみるのもいいかもしれません。


仲良くなりすぎもダメ?

友達ができた後の関係の保ち方も考えておきましょう。

大人の友達関係は「ほどほどに無理なく」付き合うのがコツです。

学生時代のように友人関係が生活の大半を占めることもなく、また何もかも分かり合うことも難しいです。友達になったからといってひんぱんに会えるわけでも、すべてを話してくれるわけではありません。それらを承知した上で、会えるときに会い、話せるときに話す、というようにゆるく無理ない付き合いを心がけましょう。その方が長く良好な関係を築けるはずです。


新しい交友関係ができると、行動範囲や考え方の幅が広がり、あなた自身の魅力もアップ。ぜひ、自分のできる範囲で友達づくり、友達づきあいなどの「友活」にチャレンジしてみてください!


この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag