カンタン2ステップ!1人暮らしでも貯金できる方法

  • 更新日:2015/11/27
1人暮らし,貯金

何かとお金がかかる1人暮らし。家賃、光熱費、食費…と生活にかかる全てを自分で賄わなければなりません。しかし、自分次第である程度出費をコントロールできるのは1人暮らしならではのメリット。実家暮らしなどに比べるとどうしても出費額は増えるので、一気に貯蓄することは難しいものの、自分のコントロール次第で少額ずつ確実に貯めることはできるんです。

今回は1人暮らしで貯金するためのコツをお教えします!


1人暮らしで貯めるための2ステップ

(1)貯金額を決める

貯金するためには、まず自分がどれぐらい貯められるのかを考える必要があります。普段の支出を見直して、ムダ遣いを洗い出し、その分を月々の貯金額としてしまいましょう。

家賃や光熱費などの固定費をいきなり削るのは難しいので、それ以外の支出額からチェックするのがオススメ。1人暮らしだと誰も止める人がいないため、意外と不要な支出があるものです。特に女性の1人暮らしでは、服や美容系の買い物、外食、コンビニなどでムダ遣いが多い傾向があるので、そのあたりを重点的に見直しましょう。


(2)先取り貯金する

給料日前に余った金額を貯金…というのはなかなか続きません。確実に貯めるなら先取りが一番。給料日当日に決めた貯金額を引き出し、貯めてしまいましょう。貯金専用の口座を作ってもいいですし、面倒ならば貯金箱でもOK。ただしうっかり使わないよう、口座なら定期預金、貯金箱ならカギつきと、引き出しづらい状態にするのがポイントです。


とにかく、毎月少額でも続けることが大事。そうすると自然に「貯金グセ」がつき、多少ライフスタイルに変化があっても貯金を継続できますよ。ぜひ、今月からでも始めてみてください!


■■関連記事■■

今より100円高く売る!フリマアプリに出品するときのコツ

食費の節約!ランチは500円以内に抑える!

これなら続けられる!いちばんカンタンな家計簿とは

実は今から年末年始の予定を立てるとオトク!!

「マイナンバー」制度で生活って変わるの?

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag