母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #21 ベランダの鳩(21)

  • 更新日:2019/05/30

« 前回から読む

#21 ベランダの鳩(21)

「いつもあんなふう?」

 ふらふらと先を歩く太陽と美香ちゃんの背中を、軽く目で追ってから私が訊くと、

「だいたい」

 奥平君は少しおどけたような顔をして言った。

 ベトナムの瓶ビールを飲み、揃って上機嫌な四人のうち、一番酔っているのは明らかに太陽だった。もともと陽気なタイプだったけれど、自分でちょっとよろけては笑い、恋人の美香ちゃんにどうでもいいちょっかいを出しては笑い、次のお店をどこにしようか悩んでは笑う。

「よく遊ぶの?」

「うん……たまに」

「太陽と? 二人と?」

「半々くらいかな、地元だし」

 奥平君は言うと、ん、と咳払いして、

「こごみんちのおばさんにも、たまに会う」

 と言った。

「どこで!」

「えっと、飲み屋で」

「うるさいんでしょ」

「いつも楽しそうにしてる」

「うー」

 と私が頭を抱えたのを見て、太陽が、

「おーい、そこの二人、もめてないで早くこい」

 と楽しげに手招きした。一緒にいる美香ちゃんも、太陽を支えているようで、案外頼りない、あやしげな足取りをしている。


 もんじゃ焼きを食べよう、と言ったのは太陽だった。

「えー、なんで? ここに来て、もんじゃ?」

 私は不満を口にした。もちろん私が暮らす月島の名物はもんじゃ焼きで、寮のすぐ近くには、専門店が並ぶ「もんじゃストリート」と呼ばれる一帯もある。

 それを知っての上でのもんじゃ、というより、きっとその連想から食べたくなったのだろう。

「いいじゃん、いいじゃん、食べたいんだよ俺、もんじゃ焼き」

 やっぱり単なる酔っぱらいの思いつきだったらしい。

 どうして地元に戻ってまでもんじゃ……と私はまだ少し抵抗したけれど、

「いいから食べようぜ」

 二階のお店へとつづく階段に片足をかけている太陽に手招きされ、軽く押し切られてしまった。


(つづく)



NEXT » ベランダの鳩(22)



« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第16話:ベランダの鳩(16)


第17話:ベランダの鳩(17)


第18話:ベランダの鳩(18)


第19話:ベランダの鳩(19)


第20話:ベランダの鳩(20)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag