黒川芽以さんスペシャルインタビュー

婚活女子のリアルな描写に共感必至!映画『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー【前編】

  • 更新日:2019/03/22

 累計1000万PVを突破したエッセイコミック『美人が婚活してみたら』が待望の実写映画化! 32歳、独身の美人WEBデザイナー・タカコ(黒川芽以さん)が婚活に奮闘する様を描く共感必至のストーリー。相手役には、奥手の婚活男子・園木(中村倫也さん)やバツイチのイケメン歯科医師・矢田部(田中圭さん)が顔をつらね、アラサー女子のリアルすぎる婚活事情が描かれます。【前編】ではタカコを演じた黒川さんに本作の撮影エピソードをお聞きしました。

原作は心にグサグサきました!

『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー

──とあるアラ子さんが描かれた原作を読まれたと思いますが、いかがでしたか。

黒川芽以(以降、黒川): クスって笑えるところがたくさんありながら、ポップに描いているんだけどグサグサ心に刺さってくる様なテイストがすごく面白くて、すごく共感できました。

──クスって笑えるところとかグサッて刺さるところ……とは?

黒川: 女性同士で恋愛の話をするときって、身振りや手振りを入れて、なおかつ相手との会話やその時の状況を、こと細かに入れ込んで話すところがあるんですね。それもすごくテンポが良くて。その辺りがとてもリアルだなって思いました。 私自身まだ結婚していなくて、どういう人が自分に合うんだろうか、どういう人と結婚したら幸せになれるんだろうか……って、丁度そんなことを考える年齢ということもあってホントにグサグサと刺さってきましたね(笑)。

『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー

“おきゃん”な部分を引き出す

──今回、監督を務められたのは17年に公開された松岡茉優さん主演の映画『勝手にふるえてろ』の大九明子監督ですね。

黒川: 大九監督とは以前ドラマで御一緒させてもらったことがあって、それまでの私は“男性が想い描く女性ヒロイン”が多かったイメージだったけれど、素の私は“女性に好かれる女性”だと感じて下さったそうなんです。『本作では黒川さんのそういう部分を引き出してみたい』と、オファーして下さって、すごく嬉しかったですし、私の中の可愛らしい部分、それを大九監督は“おきゃん”って仰っていましたが、その“おきゃん”な部分を引き出すために、今までに経験の無い演出だったんですが、私もそれに120%で応えたいなって思いでチャレンジしました。
『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー
──大九監督のアドバイスや演出で印象に残ったことというと?

黒川: 婚活でタカコが市川しんぺーさん扮する梅沢と公園で待ち合わせするシーンがあるんですけど、台本には「待ち合わせしている」としか書かれていなかったんです。その公園にはカエルの像があって、カエルの口から水が湧き出てたんですよ。それを見た大九監督が「待っているあいだ、そのカエルを真似して口パクパクしてみて」って仰ったんですね。私もそんな風にして待ち合わせをしたことが無かったんですが(笑)、結果としてはタカコの女性としての可愛らしい部分を表現できたと思います。


婚活って、実はポジティブなこと

──ところで、本作は“婚活”がテーマですが、撮影前に“婚活”についてリサーチはされましたか。

黒川: 撮影前に、実際に撮影で伺った婚活バーに行こうとしたら、行く前日にインフルエンザになっちゃいまして(苦笑)。だから、周りで婚活している人の話を聞いたり、撮影のときに婚活バーの店員さんにどんな方が来るのかとか、どれくらいのカップルが成立しているのかとか、いろんなお話を聞きました。
『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー ──聞いてみていかがでしたか?

黒川: 婚活のイメージがガラリと変わりましたね。婚活って、焦ってる、だとか、生き急いでいる感じをイメージして、ある意味ネガティブに捉えている方も多いと思うんです。でも実際に婚活している方やそれに携わる方など、いろんな方のお話を聞いたり、今回の作品を通して、その一連のことを知ってみると印象が真逆だったんです。
婚活をするということは、『可愛いな』とか『素敵だな』って思われたいわけで、そのために自分を磨いている女性ばかりで、思っている以上に綺麗でキラキラしている方が多いんです。 なにより、いろんな人と知り合ったり、話を聞いたりすることって、すごく大事なことだなって思っていて、例え出会った相手と婚活が上手くいかなかったとしても、そこには一人の人間としての成長があるとおもうんです。

──結果、プラスに繋がると

黒川: そう。少なくともマイナスって無いですし、婚活ってポジティブなことなんだなってことに気付かされましたね。
『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー ──黒川さん御自身も婚活してみようという気持ちになりましたか?

黒川: 私は、ずっとしていますよ(笑)。 婚活って、結婚相談所に登録することじゃなくて、自分にとってどんな人が良いんだろう、理想の家族ってなんだろうって考えた時点で婚活って言えるんじゃないかって。そういう意味では、私は中学生の時から婚活しています(笑)。

──たしかに!(笑)



【後編】では黒川さんご自身の内面のお話と、共演された田中圭さんと中村倫也さんとのエピソードをうかがいます!

>>後編は3月23日(明日)公開!お楽しみに。



映画『美人が婚活してみたら』は3月23日(土)全国公開! (新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)



プレゼント

『美人が婚活してみたら』黒川芽以さんインタビュー

映画『美人が婚活してみたら』の黒川芽以さんサイン入りプレスシートをお土産に頂いてきました!今回は、女子カレのtwitterアカウントをフォローして指定するツイートをリツイートしてくれた方、抽選で2名様にプレゼントします。 詳しくは後編をCHECK!





黒川芽以プロフィール

黒川芽以 プロフィール

1987年5月13日、東京都生まれ。T160㎝。O型。1993年、6歳の時に手延そうめん「揖保乃糸」CMに出演しデビュー。1997年、NHKドラマ『鏡は眠らない』でドラマデビューを果たす・。以降、多くのドラマ、映画、舞台などで活躍中。公開待機作に『僕に、会いたかった』(2019年5月予定)、『ダンスウィズミー』(2019年夏公開予定)がある。



作品情報

映画『美人が婚活してみたら』
監督:大九明子(おおく あきこ)
原作:とあるアラ子「美人が婚活してみたら」
脚本:じろう(シソンヌ)
出演:黒川芽以 臼田あさ美 中村倫也 / 田中圭
配給:KATSU-do
(C)2018吉本興業

ヘアメイク:帆足雅子(プランセット)
スタイリスト:原田幸枝



<writing:鈴木一俊>

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag