エンタメ

超新感覚!レス夫婦の行く末から目が離せない『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』 主演・稲森いずみさん&鈴木浩介さんWインタビュー【前編】

それを愛とまちがえるから

 昨春放映されたドラマ『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』での狂気ともいえる演技が話題となった稲森いずみさん。そんな稲森さんの最新主演ドラマ『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』。原作は井上荒野さんの同名小説(中公文庫)。結婚15年目を迎えて幸せな生活を送っていたが、セックスレスになってしまった夫婦の行く末を描くラブコメです。本作で稲森さんは主人公・伽耶(かや)を熱演。今回は夫・匡(ただし)役の鈴木浩介さんと共にドラマの見所とお二人のプライベートについて伺いました。


「 撮影中に笑いを我慢したのが久しぶり! 」(稲森)

それを愛とまちがえるから

──タイトルがとても視聴者の興味を煽る感じがしますね。

稲森: 私にとって久々のコメディで、お話しをいただいたときにとてもワクワクしました。チーフ監督の方も『ビーチボーイズ』でお世話になった方だったので、すごく良い作品になるんじゃないかなって期待はありました。シリアスなドラマとは面白い部分での間の取り方や集中する部分も違ってくるので演じていて楽しかったです。撮影中に笑いを我慢するのが久しぶりの現場でした。


鈴木: 初めて台本を読ませてもらったときに会話にすごくテンポがあって、このまま変えずにやればとても面白くなるだろうなって思いましたね。少女漫画って読んだこと無いですけど (笑) 、そのときの感覚に近いんじゃないかなって。とにかく、匡の本当の気持ちをちゃんと喋っていく、伝えていくことを積み上げていけばいいんだろうなって思いました。

それを愛とまちがえるから

── お二人は初共演だと伺いましたが……

稲森: 浩介さんと一緒に通して演ってみて、すごく頼りになるな~って。


鈴木: 僕、稲森さんにすごく頼っていましたけど(笑)。


稲森: (笑)まぁ、そこはお互いさまでしたよね。でも、お会いする前はとても面白い方なんだろうなって。


鈴木: ちょっと待って下さい。ということは、会ったら面白くなかったってこと?(笑)


稲森: いやいや、そういうことじゃないですよ(笑)。テンションが高くて、エネルギーがすごくてムードメーカーで場を盛り上げてくれて。ホントに助けられた、ということですよ~!


── 一方、鈴木さんは稲森さんに対してはどんな印象だったんですか?

鈴木: 最初にご挨拶させてもらったときに、静かで穏やかな方なんだろうなって思ったんですね。でも、現場に入ると、集中してやらなきゃいけないときに、マグマが上がってくるような瞬間が何度もあって。その内に秘めたエネルギーのすごさは予想していなかったです。


──それって近寄りがたい雰囲気があった……みたいなイメージなんでしょうか?

鈴木: そういうのは全然無かったです。すごくラフでベリー・ナチュラルな方でした(笑)


尋常じゃないくらい長いワンシーンが生み出す熱量!

それを愛とまちがえるから

──コメディということもあって、ドラマ全体、というよりキャストみなさんのテンションが高いですよね。それが一番表れているのがセリフの掛け合いのシーンのように感じましたが…

稲森: ホントに長いシーンばっかりで、ライブ的な緊張感はありました。「コレは決めなきゃ!」みたいで、バトル……というか格闘的なニュアンスがありましたよね(笑)。


鈴木: いまの稲森さんの話じゃないけど、ワンシーンが尋常じゃないくらい長いんです。だから、役者同士、スタッフ・チームとの息が合って、その結果としてギュッと凝縮された熱量が画面に表れているんだと思います。


──確かに、キャラクターと勢いがすごくマッチしていて一体感を感じました! そんな息ぴったりの役どころでしたが、役作りではどんなことを意識されたのでしょうか?

稲森: 真面目、ということは意識していましたね。伽耶って考え過ぎちゃって上手く立ち回れなくて、ピンチに陥ると変なことをやっちゃう……そんなところがあるけれど、それって全部真面目でちょっと不器用なところからきていると思ったので。

それを愛とまちがえるから

鈴木: 僕は平凡で普通(笑)。もう、それでしたね。


──普通っぽさを演じるって結構難しそうですが…

鈴木: 意外と、僕、普通なので大丈夫でした(笑)。だから、特別な役作りはしていないかもしれないです。やっぱり、等身大のキャラクターであればあるほど、無理をしない方がリアリティ出るかなって思ったんですよね。


──たしかにすごくナチュラルでしたね。 ちなみに稲森さんご自身は伽耶と重なるところはありますか?

稲森:そうですね~…私も天然ってよく言われますね。自分ではそうは思っていないんですけど(笑)。


──失礼ながら、なんだかちょっとだけわかるかもです(笑) 鈴木さんはいかがですか?

鈴木: 匡って真っ直ぐなんだけど、ちょっと空気が読めなくて、女の人の気持ちがよく判らない不器用なところがあると思うんですね。その辺はちょっと似ているかな(笑)。


>>後編に続く



WOWOWプライム『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』(全5話)

2月9日(土)スタート毎週土曜夜10時~※第1話無料放送



プロフィール

稲森いずみ

1972年3月19日、鹿児島県生まれ。B型。T169㎝。1994年、ドラマ『上を向いて歩こう』で女優デビュー。以降、『ロングバケーション』、『ビーチボーイズ』、NHK大河ドラマ『篤姫』など、多くのドラマや映画、CMで活躍。本作『それを愛とまちがえるから』で連続ドラマのレギュラー出演が26年連続という快挙を成し遂げた。


鈴木浩介

1974年11月29日、福岡県生まれ。AB型。179㎝。劇団青年座を経て、舞台、ドラマ、映画と幅広く活動。テレビドラマの主な出演作に『LIAR GAME]シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子』シリーズ、『緊急取調室』、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』、『崖っぷちホテル!』などがある。


作品情報

WOWOWプライム
『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』

公式サイト

キャスト:稲森いずみ 鈴木浩介 仲 里依紗 安藤政信 渡辺大知 LiLiCo MEGUMI


稲森いずみ スタイリスト:市原みちよ/ヘアメイク:FACCIA 面下伸一
・ニット、スカート:オットダム
・サンダル:フリーランス
・ネックレス:ゴバート・オーロ中川商店
・ブレスレット、指輪:アビステ

鈴木浩介 スタイリスト:久 修一郎/ヘアメイク:藤原羊二



  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ