プレスリリース夫婦の家事

約8割が「夫の家事に不満アリ」妻たちの不満エピソードを公開

  • 更新日:2019/04/24

 現代では、昔と違って共働きのご家庭が普通になってきていますよね。何から何まで妻任せというのも、今や時代遅れで少数派の世の中。

 お互いにとって暮らしやすい環境を作るためにも家事を分担したいと思う一方で、家事歴が長く、ある程度こだわりのある方なら、「これだけは自分でしたい!」という家事もきっとあるはず。夫が家事に参加する分、不満が溜まっている方も多いのではないでしょうか。

 その夫婦の家事に関して、ライオン株式会社が、全国の結婚して共働きしている30代~40代の男女各250名、計500名を対象に調査を実施しました。今回は、その調査報告を元に、夫婦の家事事情についてご紹介します。


約8割の妻が夫の家事に不満アリ

グラフ1

「夫の家事に不満がありますか」という質問には、「ある」と回答した人が24.4%、「たまにある」と回答した人が54.4%。合計して、約8割の妻が、夫の家事に不満を持っていることが明らかになりました。性別も育った環境も違うことを考えれば、ある程度納得はいくかもしれませんが、なんだか見ていて悲しい結果ですよね……。世の夫たち、頑張れ(笑)。


「夫にしてほしい家事」1位は「ゴミ捨て」

 夫への家事への不満が高い一方で、中には「夫にしてほしい家事」もあるようです。

表1

 妻が選ぶ「夫にしてほしい家事ランキング」第1位は69.6%で「ゴミ捨て」。理由としては、「重たくて捨てるのが大変だから」「重たいので男の人にしてほしい」など、夫の手を借りたいという意見が上がっています。

 2位の「風呂掃除」についても、「体力を使うから」「重労働だから」などの理由が見られ、基本的に力仕事は夫にやってもらいたいという願いを、世の奥様方が持っていることが窺えますね。

 3位の「食器洗い」については、「手荒れするので」という声も。また、「自分で食べた分くらいはきれいにしてほしい」「私が食事を作っているので、洗い物はやってほしいから」といった意見も見られました。


3.「妻が自分でやりたい家事」と「夫がしたい家事」はほぼ同じ

 一方、「妻が自分でやりたい家事」と「夫がしたい家事」についての調査では、意外な結果が明らかになりました。

表2 表3

「妻がやりたい家事」1位は、「日用品などの買い出し」。5割弱の妻がこの回答を選択しています。その理由としては、夫に任せると「高いものを買いそうだから」「余計なものを買ってくるから」など、家計を気にする声が多数。

 2位の「洗濯」については、「シワを伸ばさないから」という理由が最も多く見られました。全体的に妻側の意見としては、力仕事は夫に頼りたいが、自分なりのこだわりがあったり、細やかな配慮が必要な家事は「自分でやりたい」と考える傾向にあるようです。


 逆に「夫が自分でしたいと思う家事」について調査したところ、1位は「ゴミ捨て」(56.4%)で、「妻が夫にしてほしい家事」の1位と完全に一致しています。しかし、注目してほしいのはここではなく、2位以降。

 なんと「妻が自分でやりたい家事」の1位と2位「日用品の買い出し」と「洗濯」がこっちでも3位までにランクインしているんです……! 夫の方は、積極的に家事をしていると思っていても、知らず知らずのうちに妻の不満は溜まっているのかも。なんとも切ない結果ですよね。


 たかが家事、されど家事。結婚前の家事歴が長いと、お互いある程度自分ルールがあるでしょうし、それを直すのはなかなか難しいのかもしれません。


不満爆発!妻たちは夫の家事のここを見ていた!

 妻が夫の家事に対して感じている不満は、非常に具体的なエピソードに裏付けられています。中でも多かったのは、「夫にしてほしい家事」3位にもランクインした「食器洗い」に関するエピソード。そこで、いくつかのエピソードをご紹介したいと思います。



■食器洗いに関するエピソード


・「シャワーにして洗うため、シンク周りに水滴が沢山はねている」(49歳・山梨県)


・「洗い流したあとに泡が残っていたので、すすぎ直しさせた」(32歳・東京都)


・「水を出しすぎていて『水道代がもったいないよ』と伝えるとすぐに水を止めてくれるが、数秒後には忘れてまた水を出しっぱなしにする」(33歳・沖縄県)


・「油物はお湯で洗ってほしいと伝えたが、あまり聞いてもらえなかった」(39歳・静岡県)


・「除菌にこだわっていて塩素系漂白剤の使用頻度が多く、 部屋は汚いくせに、変なところできれい好き過ぎる。それを伝えるとムスッとして何も言わなくなる」(47歳・福岡県)



 蓋を開けてみると「あ~、わかるわかる!」という意見も多かったのではないでしょうか。

 実際に暮らし始めてからわかることもたくさん出てくるとは思いますが、同棲のタイミングで、ある程度細かく家事分担しておいたほうが、お互いの心の平和のためには良いのかもしれませんね(笑)。



【参考】

Magica PR事務局>

「お皿洗うとイイ事あるかも♪キャンペーン」

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag