アレンジで自由自在♡美味しいシナモンロールを作ろう

  • 更新日:2016/05/18

だんだん春めいてきました。

春が来ると冬より発酵が楽になってきますね。


ちょっと外でシナモンロール食べながらお茶でもどうでしょうか?

もちろんお家でお茶しながらシナモンロールも幸せです。


今回のは量が多めなので、3人くらいでわいわいしながら作って分けるのがいいのではないでしょうか?


材料:

小麦粉:1キロ

牛乳:500ml

バター100g+50g

砂糖:60g

ドライイースト:11g

カルダモン:小匙2

塩:小匙1/2

卵:1個


シナモンシュガー沢山

溶けない砂糖


作り方

1.イースト・砂糖・カルダモンを縦に切るようにさっくり混ぜる

2.混ざったら塩を入れる(発酵が止まる)

シナモンロール_01

3.バター100gを鍋に入れて溶かし牛乳を入れて40℃に温める

シナモンロール_02

4.2と3を合わせてから小麦粉を入れ、まとめる。

このとき600g+300g+100gの順に入れていく。最後の100gは様子を見ながら入れていく。

全部入れなくても大丈夫。

温かい場所で濡れ布巾をかけて約40分間発酵させる

5.バター50gを柔らかくしておく

6.4で発酵させた生地を二等分にして、一枚をロールで平らにする。

このとき丸くではなく長方形になるように伸ばす。

シナモンロール_04

7.5のバターを全体に塗りシナモンシュガーを満遍なくかける。(私は下の生地が見えなくなるくらいかけるのが好きです)

シナモンロール_05

8.横に三つ折りして、4等分、さらに2等分を、さらに2等分・・・として、16等分わけ、一つずつねじりながら丸めてオーブン天板におく。(写真は発酵の時点でボウルのサイズが合わず、2等分しているので8等分です)

シナモンロール_06

40℃程度のオーブンレンジの発酵機能で20~30分様子を見ながら発酵させる。

9.卵を溶いてロールの上にぬり、その上に溶けない砂糖を乗せて天板で焼く。

シナモンロール

10.オーブン温度225度で6分程様子を見て3分焼き状態を見る。弱かったらさらに+1分。


11.完成☆

ねじったのがほどけてしまってもまぁ、ご愛敬です。

シナモンロール

溶けない砂糖はなくてもいいものの、やっぱりあると食感が楽しいので、可能なら乗せるのがお勧めです♡


次の日以降食べる時に、電子レンジで40秒程度温めると、また美味しく食べられますよ。

お好みの食べ方を発見してみてくださいね♡

  • 里子(さとこ)

    モノづくりが好きで、食べ物に限らず、どこまで自分で作れるのか日々チャレンジ中。

    不定期で「CICOMEAL(シコミール)」という、料理に関する仕込みの楽しさを共有する会を開催している。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag