国産レモンでレモン塩を作ってみよう!

  • 更新日:2016/05/18
レモン,塩

お鍋がおいしいこの季節?柚子胡椒や柚子塩等が、いつも以上に活躍する季節ですよね。


柚子胡椒もいいけれど、国産ノーワックスのレモンが手に入ったら、柚子の代わりにレモンで作ってみませんか?


今回は、小笠原から来た青い大きな(とはいってもサイズは中で売っていました)レモンを手に入れることが出来たので、青い皮を使って作ってみました。


皮が青いうちに、青唐辛子と出会うことができなかったので、柚子塩をつくりました。


若干の根気か優秀なフードプロセッサーがあれば材料は2つでできます。

ぜひお試しください。



■材料■

・レモンの皮 38g(1つ185g程度のレモン3つ分)

・レモン汁 34.1g(半分に切ったレモン1つ)

・塩 5.7g

・レモンの皮:レモン汁を1:1

・塩 レモンの皮に対して15%


これを目安に作ります。


青いレモンは苦みと香りがあるので、これ以上塩分を足さなくてもいいと思います。

スーパーで見る広島産のレモンだと、今回の小笠原産のレモンよりもだいぶ小さいのでレモンの数がもう少し必要です。



■作り方■

1.レモンの皮をできるだけ薄く剥いていく。


レモン,塩

2.塩とレモン汁と一緒にフードプロセッサーやすり鉢で、できるだけ細かくなるようにする。

我が家のハンドブレンダーでは限度があったので、最終的にはすり鉢でゴリゴリ根気よくやりました。つぶつぶ感が残るのもご愛敬です。


レモン,塩
レモン,塩

3.煮沸消毒した瓶に瓶詰して完成

ただ、塩がなじむまですぐに食べないで、冷蔵庫で1週間以上は置いたほうがいいと思います。青臭いかなぁ、という香りが落ち着いて来たら完成です。

レモン,塩

完成したら、柚子胡椒の代わりに、お鍋に入れてみたり、お豆腐にのせてみたり、おうどんにのせてみたり、好きな食べ方をぜひ見つけてみてください。



※ちなみに今回皮をむいて残ったレモンは切って砂糖と煮詰めてジャムにしてしまいました。

糖分30%程度だと、そもそもが甘くないので酸っぱいジャムができますが、使う時に他の

甘味調味料で調節できるのでオススメですよ。

  • 里子(さとこ)

    モノづくりが好きで、食べ物に限らず、どこまで自分で作れるのか日々チャレンジ中。

    不定期で「CICOMEAL(シコミール)」という、料理に関する仕込みの楽しさを共有する会を開催している。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag