卵もバターも電気も使わずのんびり作る全粒粉&ゴマ入りパン

  • 更新日:2016/05/18

外は雨が降ってるから家から出たくないけれど、お休み気分も味わいたいし、ただだらだらすごすのも少し気が咎めるし・・・なんていうもやもやした日にじっくり時間をかけてパンを焼いてみませんか?

 

パン,全粒粉,手作り,1

 

オーブンレンジも電子レンジも、オーブントースターもなくて大丈夫です。

 

焼くのはガスコンロにある、あの魚焼きゾーン、グリルのところです。

 

今回の基本的なレシピは、いつでもおうちにある素材でパンを作れる本

「ちょっとのイースト」で作るまるパンとベーグルの本」を参考につくりました。

 

・材料以外に必要なもの

 

 ☆直火OKな、グリルに入る蓋つきのある程度高さのある入れ物

   →素材は、琺瑯だと直火も大丈夫です。私は「野田琺瑯 レクタンブル深型L琺瑯蓋つき」を使っています。これは、お魚焼くゾーンのぎりぎりのサイズで最大のような気がします。陶器等でも直火がOKなものもあるのでお好みで。蓋がないと丸こげの硬いものができてしまうので注意!

 

 ☆清潔な布巾

 ☆材料を混ぜるボウル

 ☆スケール

 ☆オーブンシート

 ☆霧吹き

 ☆カード

 ☆ゴムベラ

 ☆計量カップ

 ☆計量スプーン

 ☆こね台

 ☆温度計

 

材料:一口大のパン10個分

 

強力粉:270g

全粒粉:30g

ドライイースト:2g(小さじ半分)

砂糖:大さじ1

塩:小さじ1

白すりゴマ:大さじ1

水:185g(水温目安は、夏は20℃)

ごま油大さじ1

 

1.小麦粉と全粒粉と砂糖と塩、すりゴマを混ぜる

2.そこにドライイーストと、水&ごま油を混ぜて一まとめになるように混ぜたら、濡れ布巾をかけ10分休ませる。

 

パン,全粒粉,手作り,1

 

3.生地を台に取り出し両手で折りたたんで、は向こうに押すの繰り返しをしてこねる。

  90度向きを変えながら3分くらいこねる。

 

4.分量外の菜種油を塗ったボウルに入れ、ぬれ布巾をかけ暖かい場所で発酵させる

 

5.3時間程度おいておき、2倍くらいの大きさになったら打ち粉をふった台に取り出す。

 

パン,全粒粉,手作り,2

 

6.カードで10等分に切り、生地の表面を張るようにして丸めて台に並べぬれぶきんをかけ20分休ませる

 

パン,全粒粉,手作り,3

 

7.生地の表面を張るように丸め、後ろは指でつまんでしっかり閉じる

 

8.オーブンシートをひいた入れ物に入れる

 

9.ぬれぶきんをかけ暖かい場所で50分発酵させる。およそ2倍の大きさになればよし。

 

10.霧吹きで水をかける

 

11.グリルは強火ですこし暖めておき、入れる直前に消えるか消えないかの一番弱い火にし、直火対応している入れ物の蓋を閉めて、グリルに入れる。

 

12.10分少々で焼き上がり!

 

パン,全粒粉,手作り,4

 

私は材料のドライイーストを、「白神こだま酵母」に、砂糖は「甜菜等」に置き換えて本のレシピで作っていますが、まったく問題ありません。

 

時間をゆっくりかけて発酵させると、オーブンレンジなどで発酵機能をつかうより、生地の状態が気持ちがいい気がします。

  • 里子(さとこ)

    モノづくりが好きで、食べ物に限らず、どこまで自分で作れるのか日々チャレンジ中。

    不定期で「CICOMEAL(シコミール)」という、料理に関する仕込みの楽しさを共有する会を開催している。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag