母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #55 恋する時間(25)

  • 更新日:2020/10/15

« 前回から読む

#55 恋する時間(25)

「マグロ卸のマグロ丼」のテラス席をあとにすると、車を埠頭の端まで移動させて、そこでも奥平君がカメラを構えた。

 付近にはいよいよ大きな倉庫ばかり並び、道ばたには、長いトラックが数台停まっている。

 あとは広い駐車場と、海しかない。

 向こう岸は竹芝の桟橋だろう。その左側が日の出桟橋、芝浦埠頭。さらに向こうがお台場のようで、海上に長く横たわるレインボーブリッジが見える。

 太陽と美香ちゃんにはさまれて、その景色をのんびり眺め、ゆるい海風に吹かれているところを、奥平君が何枚も写真に撮る。

「こごみと一緒に写真なんて、中学以来じゃね?」

 おかしそうに太陽が言う。

「それは、そうだよ。ずっと会わなかったし」

 私は答えた。正直、街で見かけたことなら何度かあったけれど、太陽は気づかなかったようだし、私もわざわざ声はかけなかったから、この前、四人で飲んだのがやっぱり久々の再会だった。あのときには、誰も写真なんか撮らなかった。「っていうか、中学のときって、写真撮った? 一緒に」

「なんか、撮ったんじゃない? 運動会とか修学旅行とか。卒業式とか」

「あー」

 と私は考えた。大勢で撮った写真なら、確かにあったかもしれない。

「このあと、どうすんの?」

 太陽に訊かれて、口ごもった。ちょうど私も、同じことを訊こうとしたところだった。

「予定ないなら、どっか案内してよ。このへんのおすすめスポット」

「いいよ」

 私がよほど面白い表情をしたのだろうか。ぱしゃりぱしゃりと、奥平君がつづけてシャッターを切る。

「夜はもちろん、もんじゃ焼きね」と太陽。

「えー。もんじゃは、近くで食べたことないんだけど。……って、この前、言わなかったっけ?」

「おう、知ってる。だから今日は俺らと、どこか一軒入ったらいいかなって。そこが、これからこごみのなじみの店になんの。もんじゃストリートだっけ、そこでよさげな店、選べばいいじゃん」

 相変わらず、余計なお世話を焼いてくれようとする親切な太陽に言われ、そういうことなら、と承知した。

 かわりにそれまでの時間、私が界隈を案内する。

 結局、午後もこのままずっと、四人で過ごすことになりそうだった。

NEXT »#56 恋する時間(26)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第50話:恋する時間(20)


第51話:恋する時間(21)


第52話:恋する時間(22)


第53話:恋する時間(23)


第54話:恋する時間(24)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag