母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #53 恋する時間(23)

  • 更新日:2020/09/23

« 前回から読む

#53 恋する時間(23)

「写真とっていい?」

 えっ、と聞き返して、奥平君のほうを見ると、彼は白い一眼レフのデジカメを、もう構えていた。丸い大きなレンズが、横の席からこちらを狙っている。

「い、今とるの? そこから? 近くない?」

「いい?」

「いいけど」

 意外に押しの強い口ぶりに、あっさり負けて私はうなずいた。きっと休日の遊びの記録だろう。

 せっかくだからと、まぐろの丼を少し向こうに傾けて、身は引き気味に、精一杯の笑顔を作る。でも奥平君が求めているのは、そういうポーズではないみたいだった。

 一ミリもシャッターを切らずにカメラを下ろすと、

「気にしないで、普通に食べてて」

 と、にこやかに言う。

「はーい」

 私は照れ隠しのように明るく答えた。

 もっと自然な写真を撮りたいのはわかったけれど、ふだん愛想のない私にすれば、せっかくのサービスポーズ。そっちも一枚くらい、とっておけばいいじゃないか。

 ちぇっ、とすねた心が表情にあらわれたのか、

「いいね、その顔」

 と奥平君は言い、すかさずシャッターを切った。

 え。

 そういう意地悪な写真を撮る人なんだ、奥平君。

 ふうん、と納得し、軽く警戒しながら、丼のまぐろを口に運ぶ。

 なるべく上品な箸づかいで。背筋もぴんと伸ばして。

 それをパチリ……パチリと奥平君がゆっくり写真に撮る。しばらく音がしないので彼の方を見ると、カメラを下ろして自分の丼をニコニコ食べていた。もう終わったのかとホッとしていると、やはりそういった気の抜けた表情がいいのだろう、いきなりシャッターを切る音がする。気をつけないと、相当ゆるい顔ばかりとられそうだった。

 でもどうせ急に呼ばれて、〈寮〉を飛び出してきた格好だった。

 気取ったって大したことはない。

 もうカメラは意識しない、ということに意識を集中させて、〈自然に〉まぐろ丼を食べ、友人カップルに〈自然な〉笑顔を向け、ふと眺めた運河に〈自然と〉目を細めていると、

「やめろって、なんか、不自然すぎてこっちが緊張する」

 たまりかねたように太陽が言い、美香ちゃんがはじけるように笑った。



NEXT »#54 恋する時間(24)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第48話:恋する時間(18)


第49話:恋する時間(19)


第50話:恋する時間(20)


第51話:恋する時間(21)


第52話:恋する時間(22)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag