母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #52 恋する時間(22)

  • 更新日:2020/08/28

« 前回から読む

#52 恋する時間(22)

 二人が注文したのは、赤身のまぐろの他に、中トロやネギトロ、ビントロ、いくらや卵焼きものった、豪華な盛り合わせの丼だった。

 美香ちゃんは、それを最初から太陽とシェアするつもりだったのだろう。箸を割ると、太陽のまぐろ丼の、すでにぽっかりと大きく空いた部分に、ご飯ごとすくって移している。

 がつがつ食べたぶんがあっさり復活して、食いしん坊の太陽は嬉しそうだ。さらに彼女の丼から、ほしいお刺身を見つくろって、赤身のまぐろの上に重ね、特製まぐろ丼の完成だった。

「いいよ、好きなの取って」

 私には奥平君が勧めてくれる。

「いい、いい」

 と慌てて遠慮したけれど、あんまりかたくなに拒絶するのも、かえって申し訳ない。二度目の申し出にうなずくと、中トロを一切れと、厚焼きの卵を一かけらもらうことにした。かわりにこちらのまぐろも一切れ、取ってもらう。

 のどかな土曜のお昼だった。

 テラス席の前を、小さな船がゆっくりと横切って行く。

「ねえ。そこって、海? 川?」

 太陽がのんびりと訊いた。すぐ右手が埠頭とはわかっていたけれど、入り江なのか、河口なのか、湾から少し入ったそこをなんと呼ぶのが正しいのか、私も知らなかった。

「あっちが東京湾だよね」

「どこまでが海で、どこからが川?」

 そんな子どもみたいな質問をされても、答えに困ってしまう。川だと言われば、そうなのかもしれない。こちらの水辺から対岸までは、確かにそれほど幅がなく、すぐに立ち並んだビルが見える。でも、川だとすれば何川だろう。いつも散歩している隅田川沿いとは、川の流れが違う。

「運河だって」

 素早くスマホで調べた奥平君が、正解を教えてくれた。なるほど。運河とは、船の運航のために作られた、人工の水路だったか。

「晴海のほうから、ずっとつながってるみたいだよ」

「え、そうなんだ……知らなかった」

「奥ちん、さすが」

 太陽が言い、ばくりばくりと特製のまぐろ丼を食べる。私もきらめく運河に目をやりながら、赤身のまぐろを口に運び、こんな休日もいいな、とぼんやり考えていると、

「写真とっていい?」

 いきなり奥平君に訊かれ、えっ、と聞き返した。



NEXT »#53 恋する時間(23)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第47話:恋する時間(17)


第48話:恋する時間(18)


第49話:恋する時間(19)


第50話:恋する時間(20)


第51話:恋する時間(21)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag