最近の編集部

最近の編集部 #34

  • 更新日:2020/07/10

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

青のアイラインが絶妙

先日、韓国コスメのhinceでアイシャドウパレットを購入しました。発売されたばかりのアイパレット2種のうち、私が選んだのは涼し気な青色シャドウが入った“01 GENTLE&FIRM”。


最近の編集部

パッケージからして既にかわいい……。


最近の編集部

使いやすい色ばかりです。


今ハマっているのは、左上“Low key”と下段右から二番目の“Attitude”の組み合わせ。公式ページでも実際にモデルさんが試されていたのですが、アイホール全体に黄みが強めのベージュを乗せた後にアイラインとして青色を乗せるという組み合わせが夏らしさ満載でかわいいんですよね。hinceはこの他に発色抜群のリップやツヤ感溢れるチークなどもおすすめなので、ぜひ公式ページを覗いてみてください。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

【涙腺崩壊注意】大人が泣けるPV集めました

無類のカラオケ好きな私ですが、PVを見たら泣いてしまうから歌えない曲がいくつかあります。どれも子供の頃から知っている曲ですが、大人になったからこそPVの意味が理解できるようになり、泣けるようになったPVを集めてみました。

※機種によってはPVがないのでご注意を。


■中島美嘉 桜色舞うころ

1本の桜の木が、“移りゆく四季”と“一組の男女の一生”を見守り続けているというストーリーのPV。

昔はPVを見ながら歌えていたのですが、年を重ねて涙腺が脆くなったのか最近はイントロが流れた瞬間に「あ、これ泣くな」と察して演奏停止を押してしまいます……。


■JUJU Hello, Again~昔からある場所~

MY LITTLE LOVERの名曲をJUJUさんがカバーしています。こちらも中島美嘉さんの「桜色舞うころ」のPVと少し似ていて、一組の男女の一生を描いていますが、今ではおじいさんになった男の子が、かつての恋人(だと思われる)女の子を想いながら当時の思い出を振り返る、という内容です。おじいさん役の俳優さんの演技に魅入られ、ついもらい泣きしてしまいます。


■Every Little Thing 恋文

愛娘の結婚式に出席した父親の目線でストーリーが進むPVです。昔から良いPVだなぁとは思っていたのですが、私自身が結婚したことで一気に泣けるPVになりました。

結婚式なのに新婦である娘ばかりアップで撮影して新郎は一切写さないシーンがあるんですが「ウチのお父さんもやりそうだなぁ」なんて思いながらついホロリとしてしまいます。

既婚者の方や、お子さんがいる方が見たらほぼ間違いなく心に刺さるPVだと思います!



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #29


・最近の編集部 #30


・最近の編集部 #31


・最近の編集部 #32


・最近の編集部 #33


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag