母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #47 恋する時間(17)

  • 更新日:2020/06/18

« 前回から読む

#47 恋する時間(17)

 なんて! というのはもともと九州育ちの祖母の口癖で、それが関東出身の祖父にうつり、おじいちゃん子だった私にも、小さな頃にうつったのだった。

 今はそんなに使うわけではないけれど、ひどくびっくりしたときに、思わず口をついて出る。

 昔ながらのその口癖を、小中学校の同級生だった太陽たちは、覚えていて笑ったのだろう。

 きっと言うよ、と予測していたのかもしれない。

「おーい」

 エントランスを出るとすぐ、通りの向こうに青い車を停めた三人組が、外に立って手を振っているのが見えた。

「おーい、こごみ」

 太陽が手を伸ばして、ひときわ大きな声で私の名前を呼ぶ。「おまえ、なんか動きがへんだぞ!」

「きゃっ。声が大きいって」

 私は照れながら、小走りで通りを渡った。

「そうか?」

 あたりを見回して、大柄な太陽は首をすくめた。狭い通りをはさんで、向こうが私の暮らす「寮」。車を停めたこちら側は、うしろに低層のパーキングビル。そのビルの向こうに、川が流れている。

「わりぃ」

「ま、いいけど」

 私は笑った。美香ちゃんと奥平君も笑っている。

「三人で急にどうしたの」

「ん? みんなでこごみの様子を見に来た」

 太陽はにっこりと言った。相変わらず、ムダにルックスがいい。

「うそっ」

「ほんと」

「いなかったら、どうすんの」

「いなかったら? 適当に遊んで帰るだろ」

「そっか、そうだよね」

「なんか、すっごいおしゃれなとこに住んでんのな」

 太陽の言葉に、あ、うん、と少し遅れて反応した。「寮」の建物は、たしかにデザイン性の高い、きれいな外観のものだった。

 あらためて見ると、いいな、と思うこともよくある。

 ただ私としては、ありふれたいつもの景色に、地元の友だちがいることのほうにどきどきした。


(つづく)



NEXT »#48 恋する時間(18)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第42話:恋する時間(12)


第43話:恋する時間(13)


第44話:恋する時間(14)


第45話:恋する時間(15)


第46話:恋する時間(16)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag