福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

『ゆるキャン△』福原 遥、キャンプの魅力を語る!(インタビュー【後編】)

  • 更新日:2020/01/23

2020年1月期のドラマとして放送を開始したドラマ『ゆるキャン△』で主役の志摩リン役をつとめる福原遥さんへのインタビュー。【後編】ではキャンプシーンの撮影と福原さん自身のリフレッシュ法について伺いました。

<<インタビュー前編から読む


携帯カイロを19枚貼りました!

福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

──今回、キャンプが題材ですが、福原さん御自身、キャンプの体験は?

福原: コテージを借りてバーベキューはやったことあるんですけど、今回みたいにテントを張って寝る……みたいなガッツリというのは初めてでした。撮影が始まる前に羽田空港近くの広い公園にみんなで行って練習をしました。バーベキューをやったり、「5分でテントを張りましょう!」ってルールを決めて、「急げ~っ!」って張ったり(笑)。


──劇中は“冬キャンプ”というシチュエーションですね。

福原: 実際に撮影も昨年の11月から一か月ぐらいでした。ホントに寒くて、「もう動けない」って、ずっと石の様に丸まっていました(笑)。携帯カイロを19枚も貼っていたにも関わらず、ですよ(笑)。


──19枚!(笑) でも、第1話ではリンちゃんは1枚しか持っていなかった、ですよね。

福原: あれ信じられないですよね。でもお陰様で、私的には寒いふりのお芝居はメッチャ得意になりました(笑)。

福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

──とても貴重な体験をされましたね。ところで、キャンプでの醍醐味のひとつは食事だと思いますが、今回の撮影で思い出に残った食事といったら?

福原: すき焼き! それとジャンバラヤが美味しかったです。


──実際に作ってみていかがでしたか。

福原: コッヘル(携帯用小型調理器具)がすごくコンパクトなんですけど、こんなちっちゃいのでもちゃんと料理は作れるんだっていう感動はありました。実は丁度、この撮影中に他のお仕事でキャンプをしている撮影のお仕事があって、そこで本物のキャンパーさんからパエリアの作り方を教わったんです。「炊く前のお米から普通に作れるから、すごい簡単だよ」って聞いて、今度自分でも作ってみたいなって思いましたね。


キャンプの魅力は楽しめることがいっぱいあること

福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

──撮影とはいえ、実際にキャンプを体験されて、キャンプの魅力って何だと思いましたか。

福原: 楽しめることがこんなにいっぱいあるんだなって思いました。景色もそうですし、食べ物も普段何気なく生活していたこと、ひとつひとつに感動を覚えるんです。寒いからこそ、ご飯やスープの温かさがより感じられる……そういう感情になるのがすごく新鮮で楽しかったですね。劇中、最初の方では私はソロキャンプのシーンが多かったんですが、ひとりでボ~っとして本を読んだりとか自分と向き合える時間も素敵だなって思いました。


──何も考えないで、静かに綺麗な景色を見るってとても癒されますよね。

福原: それと、“仲間と何かひとつのことをする”ってこんなにも楽しいんだなぁというのをすごく感じました。後片付けとか、そういう何でもないことでも楽しめて、より仲間の絆が深まるのがキャンプの魅力だなって思いましたね。


──お話を聞いているとキャンプをやってみたくなりました(笑)。


スタンス変化の切っ掛けは井上真央さんとの出会い

福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

──話は変わりますが、福原さんといえば子役の頃からタレント活動をされていますが、昔と今とでお仕事のスタンスって変わりましたか?

福原: 変りましたね。それこそ、料理番組『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』(2009~2013年)をやっていた時は、ホントに“第2の家族”に会いに行くような感覚で楽しくて、お仕事をやるっていう感覚じゃなかったんですよ。なんか “習い事に通う”みたいな感覚だったんです。それが楽しかったんですけど、やっぱり中学生から高校生に掛けて女優さんというお仕事をやっていきたいって思って、そこから結構変わりましたね。


──当時、変わった切っ掛けとかあったんですか。

福原: 私、井上真央さんがとても好きなんです。井上さんが主演を務めていたNHKの朝ドラ『おひさま』が放映されていた頃は私も学生で、学校で特別何かがあったというわけじゃないんですが、人間関係とかで悩んでいたりとかしたときに、『おひさま』の井上さんの笑顔にすごく元気をもらって「こんなに人の心を元気にさせる人はいない。すごいな」って思ったのが切っ掛けで、その時から私もそうなりたいって意識するようになりました。

福原遥ドラマ『ゆるキャン△』インタビュー

──具体的には、どんな風に変わったんですか。

福原: 楽しむという部分では変わらないと思うんですけど、やっぱりプライドをちゃんと持って責任を持って頑張っていこうって。


──昨年はドラマに映画にバラエティと大活躍の1年でしたが、そうなってくるとやっぱりストレスなんかも溜まるんじゃないかと思いますが……

福原: そうですね。でも私の場合、その日は溜まっても次の日には、もう溜まっていないことが多いです。


──え!?すごいですね。特別なリフレッシュ法とかあるんでしょうか?

福原: 私、寝ると忘れちゃうところがあるんです。それが良いことなのか悪いことなのかは判らないんですけど(笑)。忘れて次の日は大丈夫になっていて(笑)。でも、解決させないのが一番いやなので、ちゃんと全部解決させて終わるようにしています。


──しっかり解決させて、心身ともにリフレッシュさせる意味で、睡眠って大事ですよね。今日はありがとうございました。



プロフィール

福原遥(ふくはら・はるか)

1998年8月28日、埼玉県生まれ。T159㎝。2005年、子役として芸能活動開始。2009年~2013年に放映された子供向け料理番組『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHKEテレ)で主人公・柊まいんを演じ注目を集め、“まいんちゃん”の愛称で親しまれる。2012年にはファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを務め、女優、声優としてのキャリアを重ねる。最新出演作にはドラマ『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』や『ウレロ☆未開拓少女』、映画『4月の君、スピカ。』、『羊とオオカミの恋と殺人』など。


木ドラ25『ゆるキャン△』はテレビ東京ほかにて毎週木曜日、深夜1時~放映中。
(C)ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

スタイリスト 渡辺彩乃
ヘアメイク 細野裕之



Writing:鈴木一俊/Photo:川しまゆうこ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag