母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #38 恋する時間(8)

  • 更新日:2020/02/07

« 前回から読む

#38 恋する時間(8)

 パシリか。

 ウーバーイーツか。

 激おこのスタンプを返したけれど、これで次の帰宅に手ぶらだと、本気で拗ねるのがわらびだった。

 長い付き合いで、そんなことはよくわかっている。

〈だって、お店って土日休みじゃないの? 市場でしょ〉

 訊いた時点で買って帰る気まんまん。わらびの返事も待たずに自力で調べると、日曜祭日が基本のお休みで、土曜日は営業しているようだった。

 朝五時から、午後三時まで。

〈やってんね、土曜日は。じゃあ帰るとき、探してみる〉

〈やった! 待ってるから!〉

 ハートが飛んでくる熊のスタンプ。

〈はーい〉

〈お姉ちゃん、早く帰ってきてね〉

 またハートのスタンプ。

 いつも「姉ちゃん」呼びで、お姉ちゃん、なんて滅多に呼んだことがないくせに。おちょくってる、としっかりわかりながら、それでも甘酸っぱいような、どこか嬉しい気持ちになった。

 自分で言うのも情けないけれど、母の子育てをずっと批判しながら、私も弟には激甘なのだった。

 でも仕方がない。外面ばかりいい、社交的な母に放置されがちだった子ども時代、そばにいる味方はわらび一人だったのだ。一緒にご飯を食べてテレビを見て、どれだけ長い夜を二人で過ごしただろう。

 顔が可愛いこともあって、ちょっと自慢の弟だった。


 母に引っ張られたのか、弟に招かれたのか、とにかくその次の休みに、また家に帰ることになった。

 穴子のお寿司を買って帰れるようにと、金曜日の会社帰りではなく、わざわざ土曜の午前中に「寮」を出た。

 もともと勝どきに近い側にある「寮」だったから、築地までは徒歩でも十五分、のんびり歩いても二十分かからないくらいだった。

 風薫る季節のよいお天気で、大川の向こうの高層ビルがきらきら輝いている。やがて脇にそびえ立つトリトンスクエアのビルを横目に、川にかかる長いブリッジの、「動く歩道」に私は足をのせた。


(つづく)



NEXT »#39 恋する時間(9)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第33話:恋する時間(3)


第34話:恋する時間(4)


第35話:恋する時間(5)


第36話:恋する時間(6)


第37話:恋する時間(7)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag