母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #33 恋する時間(3)

  • 更新日:2019/11/21

« 前回から読む

#33 恋する時間(3)

 テラスのへり、どこかさびしげに川を覗き込んでいるアオサギをスケッチし、遊歩道の手すり越しに、向こう岸のビル群を描く。

 たっぷり水をたたえた川の向こうには、こことはまた違う、まるきり知らない世界があるように見える。

 ふっと息をつき、紙パックのりんごジュースをちゅうっとストローで吸い上げる。テラスを歩く人の中に、スマホでポケモンをゲットしているカップルを見つけ、母とサトシさんのことを思い出した。

 近くに住む彼と同じゲームを楽しみ、毎日のように飲んで食事を共にするのは、母の性格からすれば、きっと心地よいのだろう。

 一途、というのとは絶対に違うのだけれど、好きになれば一直線。可能なかぎり、そばにいたいらしい。

 私が恋愛に臆病になったのは、きっとそんな母のせいだ。

 子どもの頃から、しょっちゅう「友だち」だという男の人が家に出入りしていて、その人たちと母との「恋」に、私はすっかり振り回されてしまった。

 ずっと幼い頃はただ素直に、警戒心が強くなってからは多少の時間をかけて、気のいい彼らと仲良くなり、楽しく話し、一緒に出かけ、ようやく心を開いた頃になると、決まってふっといなくなってしまう。

「あれ? タケちゃんは?」

「今日は来ない」

「ふうん」

 もちろんタケちゃんとはそれきりだ。

 同じように、ゴウダくんとも、ソリマチさんとも、ケイタとも……。

 母がふったのか、それともふられたのか。

 どちらにしても、母本人はそれなりに話し合って納得しているのだろうが、一切事情を知らされない私にすれば、家の中から急に人がいなくなって、自分がふられたような気分になった。

 恋もしていないのにアホらしい。


 絵の学校に通わなかったのも、自由すぎる母への反抗心があったのかもしれない。

 そもそも母が美術系の短大を出て、以来、学校時代の知り合いのツテでイラストを描いたり、デザインをしたりしてきた人だった。

 不安定なその収入だけでは母子三人食べきれないところを、ご近所に短期のバイトに行ったり、謎の飲食店オーナーからしばらく店をまかされたり、うまく恋人にごちそうしてもらったり、真面目な祖父(つまり母の父)からのありがたい遺産でしのいだりしていた。

 私とわらびの父親から、養育費をもらっていたという話は聞かない。


(つづく)



NEXT » #34 恋する時間(4)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第28話:ベランダの鳩(28)


第29話:ベランダの鳩(29)


第30話:ベランダの鳩(30)


第31話:恋する時間(1)


第32話:恋する時間(2)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag