プレスリリース結婚資金の使い道

“こだわりなし”が約半数!?いまどきカップルの結婚資金の使い道

  • 更新日:2019/09/18

 結婚といえば、人生の一大イベント。指輪や結婚式、新居など、パートナーとの間で決めることはたくさんありますが、こだわる箇所はきっと人それぞれでしょう。

 今回はそんな“結婚”について、アニヴェルセル総研が実施した調査から、いまどきカップルのお金の使い道をご紹介します。


結婚に向けて、いまどきカップルはどこにお金を使う?

 いまどきのカップルは、どんなモノやコトにこだわりを持っておカネを使っているのかを調査した結果がこちらです。


いまどきカップルの結婚に対するこだわり

【1位】どれもこだわらない(46.6%)

最も回答が多かったのは、意外にも「どれもこだわらない」でした。約半数の方がこの回答を選んでいます。回答理由を見ていると、本来なら「こだわりたい」のに、今後の生活の為に経済的な理由などから「こだわれない」という方も少なくないようです。


【回答理由】

・記念だけど結婚後の子育てなり二人の生活にお金をかけたいので。(25歳 男性)

・無理をすると後悔しそうなので身の丈にあった出費にしたい。(29歳 女性)

・老後のことも考えて、少しでも出費を抑えたい。(29歳 女性)


【2位】結婚式(16.1%)

2位は「結婚式」。16%の方が選んだこの回答が事実上の1位かもしれません。結婚式はなんといっても「結婚」にまつわるメインイベントであり、生涯に一度の大切なイベント。そう考える方たちが、予算を超えてでも結婚式にこだわりたいと考えているようです。


【回答理由】

・パートナーが輝ける場所であり、後悔してほしくなかったから。(37歳 男性)

・一生に一度の式に心残り無いように、やりたいことを詰め込んだから。(26歳 女性)

・人生で大事な晴れ舞台の一つだと思うから。(20歳 女性)


【3位】新居(14.2%)

3位にランクインしたのは「新居」。指輪や結婚式といった記憶に残るイベントよりも、「新居」を選んだ方は、これから始まる新しい生活を見据えている方なのかもしれません。


【回答理由】

・くつろげる場所は一番大切だと思うから。(30歳 男性)

・生活するのに妥協しちゃいけない所だと思うから。(38歳 女性)


【4位】ハネムーン(13.5%)

4位は「ハネムーン」。まさに幸せの絶頂で、一生に一度の“夢の時間”といえるかもしれません。そんなハネムーンにこだわる気持ちは誰にもうなずけるものではないでしょうか。


【回答理由】

・おそらく一生に一度になるし、仕事をしていれば、まとまった休みも取りにくいから。(39歳 男性)

・共働きでなかなか長期の休みが取れないので。(36歳 女性)


【5位】婚約指輪(7.8%)

5位は「婚約指輪」。婚約の象徴の一つといえるのが婚約指輪ですよね。プロポーズをする男性にとっては、結婚に対する決意や想いを形として表すものが婚約指輪であり、こだわりの対象ともなるのかもしれません。女性にとっても、一生残り続ける思い出としてこだわりの強いポイントとなるのでしょう。


【回答理由】

・一生に一度の事なので頑張って奮発したい。(34歳 男性)

・一生残り、常につけているため。(37歳 女性)


【6位】家具(6.9%)

6位は「家具」。3位の「新居」と同様、新しく始まる生活には必須のアイテムですよね。長い時間を過ごす家の中で使うアイテムだからこそ、妥協せずに良いものを選びたいという考えが読み取れます。


【回答理由】

・良いものに囲まれたい。(38歳 男性)

・気に入らないもので妥協すると、ずっと使っていくのに後悔しそうだから。(28歳 女性)


【7位】全部(3.6%)

7位は「全部」という結果に。全てのことにこだわりたい、と回答した方もわずかながら見られました。経済的に許されるなら、それは多くのカップルの本音といえそうですね。


【回答理由】

・全部大切だと思うから。(31歳 男性)

・最初が肝心。(38歳 女性)



 老後資金について不安視される今、今後のことを見据えて結婚にまつわる資金も節約したいと考える人が多い傾向にあるようです。結婚についての考え方は千差万別だと思いますが、一生モノの大切な思い出を取るかお金を取るか、後悔が残らないように決めたいですね。



【参考】

アニヴェルセル総研「何かとおカネがかかる結婚前後のイベント、いまどきカップルが最も予算を割くものは何?」

アニヴェルセル株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag