東京喰種

前作よりももっとパワーアップした作品に! 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』山本舞香さんインタビュー【前編】

  • 更新日:2019/07/19

 人を喰べないと生きられない“喰種(グール)”と人間のハーフ(=半喰種)となってしまった金木(カネキ)の苦悩を壮絶な死闘を交えて描く大人気コミック『東京喰種トーキョーグール』。2017年に公開された実写版の続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』が満を持して公開! 前作はカネキ(窪田正孝さん)と喰種を駆逐する組織・CCGとのバトルが中心の物語でしたが、続編はカネキと“美食家”と呼ばれる史上最悪の喰種・月山(松田翔太さん)とのバトルを中心に展開されます。今回は喰種である霧嶋董香(トーカ)役の山本舞香さんにお話を伺いました。


前作よりももっとパワーアップした作品を

山本舞香さん_東京喰種特別インタビュー

──コミックの域を超えてアニメ、ゲーム、舞台へと展開し、海外でも人気の高い本作ですが、出演が決まったときの率直な感想は?

山本舞香(以下、山本): もちろんプレッシャーはありましたけど、日本でこのメンバーで最高の作品が撮れればいいなって。この作品が海外にも多くのファンを抱える作品だということはすごく大きくて、そこに携われるだけでもすごく幸せなことだなって思っていました。私や(松田)翔太さん、イトリという喰種を演じた知英さんが新たに加わることで、前作よりももっともっとパワーアップした作品を作ってやろう、お芝居やアクションをしてやろう……ってすごく思っていました。


──不安は無かったんですか。

山本: 全く無かったですね。ただ、正直言うと、トーカを演じ切る自信がなかったんです。オファーは撮影の半年ぐらい前にいただいていたんですけど、これだけ爆発的な人気の作品に携わるというのがこれまで無かったんですよ。だから、自分の中でも葛藤があって、窪田さんや翔太さんにも「私、できないかもしれないです」って言ったら、窪田さんが「舞香なりのトーカを演じてくれればいいから」って仰ってくれて。


感覚でトーカを演りました

山本舞香さん_東京喰種特別インタビュー

──トーカってすごくクールなキャラですよね。

山本:アニメ版を観させてもらったときに、私もそれは思ったんです。だから、それを軸にしてあとはその中に自分の色を取り入れていこうって思ったんです。自分だったらここで笑うとか、そこからスイッチが入ってキレる……という、自分のリアルというか“色”についてすごく考えました。


──自分を当てはめていく感じだったのでしょうか?

山本: というよりも、「こんな感じで良いのかなぁ」っていう感覚で演じていましたね。クランクイン初日は、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」に月山が初めて訪れるシーンの撮影で、とても緊張していたということもあってお芝居に対して戸惑いがすごく強かったんです。やっぱり、窪田さんは前作からやっていらっしゃるから、カネキはほぼ完成している状態だったんです。そこに追い付かなくちゃ、追い付かなくちゃ……って思えば思うほど、かえってわからなくなってしまう事もあったんですが、そのうち段々とトーカが自分の中でしっかり出来上がっていった……という感じでしたね。


──クールなキャラということですが、「あんていく」にいる女の子・ヒナミ(桜田ひよりさん)の前では、どこかお姉さんっぽいです。

山本: あそこだけちょっとカッコ付けていますよね。お姉さんぶってて、自分で見てもちょっと恥ずかしいです(笑)。ヒナミは母親を亡くしているという過去があって、そこは私も携わっていない分、感情移入が難しかったんです。その場でパッとヒヨリの過去を考えながら、ヒヨリの頭を撫でるとかはすごく難しかったんですけど、可愛がっている年下の妹的な子のことを考えて演じました。


現場には3人の監督が

山本舞香さん_東京喰種特別インタビュー

──今回の現場は監督が2人いらっしゃいましたね。

山本: 川崎拓也さんと平牧和彦さんの2人で、川崎さんがお芝居を担当されていて、平牧さんが映像を担当されていたんです。それとは別にアクションに関しては横山誠さんというアクション監督が付いていたんです。


──実際には現場に3人の監督がいたということだったんですね。ということは、演者としては混乱するようなことはなかったのですか。

山本: 私たちの芝居を見て「やっぱりこうしたい」というのが川崎さんの中で出てくる事もありますし、平牧さんは平牧さんでこのアングルでのこういうカットが欲しいとかもありますし、途中でよくわからなくなって混乱……というのは正直ありましたね(笑)。そんな中でも、横山さんのアクションパートは絵コンテもあって撮りたい画が決まっていたので、結構テンポ良く進んだんですよ。


──これだけの作品になると、それに伴って現場では色んな事がありそうですね。【後編】では本作の見せ場であるアクションシーンについて伺いたいと思います!


>>>>後編へ続く(後編は7月20日公開)


★映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日(金)より全国ロードショー

山本舞香プロフィール

1997年10月13日、鳥取県生まれ。B型。T155cm。2011年、三井のリハウス第14代目リハウスガールに選出される。同年7月号よりファッション誌『二コラ』の専属モデルとして活動。同年7月クールのドラマ『それでも、生きてゆく』で女優デビュー。最新出演作に『劇場版ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』、ドラマ『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルⅡ』(テレビ朝日系)、『SCAM スカム』(MBS・TBS系にて現在放映中)などがある。


作品情報

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』
配給:松竹
©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社


衣装協力/PS Paul Smith、PAULOWNIA スタイリスト/津野真吾(impiger)


Writing:鈴木一俊 / Photo:川しまゆうこ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag