母と子

2人目をなかなか授からない2人目不妊が増えている。原因と対策は?

  • 更新日:2019/10/14

「1人目は自然に生まれたのに、なかなか2人目を授からない」

「2人目ができなくて悩んでいるけど、贅沢な悩みだと思われそう」

「2人目ができないから病院に通いたいけれど、子連れで行っていいのか不安」

など、2人目ができずに悩んでいる方は年々増加しています。


今回は、2人目不妊の方向けに、原因と対策をご紹介していきます。


2人目不妊とは?

悩む女性

1人目の不妊を「原発性不妊」、過去に出産経験があるにも関わらず妊娠できない状態が続くケースを「続発性不妊」といいます。


「1人目を妊娠できたのだから、不妊ではないはず」と思っている方も多いのですが、避妊をせずに性生活を送っているのに、2人目を妊娠しない場合は、医学的には不妊と認定されます。


目安として、前回の出産後、生理が再開してから、授乳期間は除き、1〜2年たっても妊娠しないのであれば、妊娠しにくい原因がある可能性が高いと考えられます。


第一子の出産年齢が高齢化している現在、必然的に第二子の出産年齢も上がり、それにともって2人目不妊になる方も増加しているのです。


2人目不妊の主な原因とは?

二人目不妊の原因

次に、2人目不妊の主な原因について確認しておきましょう。


【2人目不妊の主な原因1】加齢

医学的には35歳以上は高齢出産だと言われます。卵子は、実年齢とともに老化していくため、高齢になればなるほど妊娠が難しくなってくるのです。


【2人目不妊の主な原因2】セックスレス・育児ストレス

子育ての大変さや、生活のマンネリ化、多忙な仕事などでストレスがたまったりセックスレスになったり、ということも不妊の原因と考えられます。不妊とストレスには密接な関係があるのです。


【2人目不妊の主な原因3】もともと不妊原因があった

夫婦の両方、またはどちらかに不妊原因があったにも関わらず、1人目を自然に授かれたというケースもあります。そういった場合、1人目はラッキーでしたが、2人目はきちんと治療に取り組む必要がでてくるのです。


【2人目不妊の主な原因4】最初の妊娠・出産

出産時の出血や感染症などが原因で妊娠しにくい状態になるケースもあります。また、産後ホルモンバランスがくずれて排卵障害になった、産後の経過によっては子宮や卵巣にトラブルを抱えてしまった、といったケースもあります。


【2人目不妊の主な原因5】性感染症

クラミジアなどの性感染症に感染すると、卵管の閉鎖や癒着を引き起こし、不妊の原因となる場合があります。


【2人目不妊の主な原因6】原因不明

検査をしても不妊の原因が見つからないといったケースも珍しくありません。原因不明の不妊のことを、機能性不妊といいます。


2人目不妊に悩んでいるなら病院へいこう

病院

次に、2人目不妊に対する対策をご紹介します。


2人目が欲しいと思うのは贅沢なことではない

まず、認識しておくべきことは、2人目が欲しいと願うのは贅沢な悩みではないということです。1人目であろうと2人目であろうと、子供が欲しいと思う気持ちは同じです。2人目をなかなか授からないという場合は、病院へ行きましょう。


「子育て中で子供を連れて行きたい」という場合、「不妊専門のクリニックに子連れでいくのは気が引ける」という方もいるでしょう。そういった場合は、子供のプレイスペースがある病院を選ぶなど工夫をしましょう。


2人目の治療も、カギは「早期治療」

不妊治療は、年齢が若いほど成功率が高いということはご存知でしょう。2人目についても同じことが言えます。治療のスタートは早ければ早いほど良いのです。


1人目を育てている間から、2人目を産みたいという希望がある場合は、(授乳中は妊娠しにくいため)卒乳したら基礎体温をつけ始めましょう。そのうえで、1〜2年妊娠できない場合は病院の受診を検討しましょう。また、年齢が30代後半の場合は、できるだけ早めに受診することが好ましいでしょう。


2人目の治療は、基本的には1人目と同じ

不妊治療の検査は、妊娠・出産経験があっても(省略される検査はありますが)基本的にはほぼ変わりません。


さいごに

今回は、2人目不妊の原因と対策をご紹介しました。


2人目の不妊治療は、夫婦の間でも温度差が生まれがちです。「ひとり子供がいるのだから」とどちらかが治療に消極的になることで、治療がスムーズに進められなくなってしまいます。


2人目の治療を開始する前には、自分たちの将来のライフスタイルも含めて、しっかりと話し合いをする必要があるでしょう。



参考文献

・『不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」』(講談社)著者:浅田義正・河合蘭


・『最新版 赤ちゃんがほしいときに読む本』(ナツメ社)監修者:宮内彰人・笹井靖代


・『マンガでわかる!はじめての不妊治療―人工授精、体外受精もこわくない!』(主婦の友社)監修者:堤治



≫ 40歳までに知っておきたい、心と体のこと

「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー③

「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー②

「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー①

産婦人科医が言わない「男性側の不妊治療の基礎知識」とは?

「妊娠のためのセックス」でセックスレスにならないために

  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag