末端冷え性にサヨナラ!知っておきたい温めスポット7つ

  • 更新日:2016/05/30

びはだ びよう

 

私は体質的に“冷え性”だから・・・と諦めていませんか?カイロや湯たんぽなどで、簡単に・効率良く・体を温めることができるんです。冷えを感じたら、まず試してほしい“温めスポット”をご紹介します。

 

・ 普段から手足が冷えて仕方ない

・ 冷えてなかなか眠れない

・ ゲレンデや冬のアウトドアで

・ 着ぶれたくなくて、薄着しすぎちゃった・・・

・ 今日はシャワーで済ませたい。けど、やっぱり寒い!

 

こんなシーンで思い出して、活用してみてください。寒い冬場は、“貼るカイロ”をバッグにしのばせておくと安心ですよ。

 

■ まずココを温める!手軽で効率のよい、あたためスポット

 

手足が冷えるというのは、末端まで血が巡っていない状態。まずは、“体の中心部分”を温める、そして血流をよくすることを頭に置いておきましょう。

 

① 腰・仙骨周辺

特に、腰の低い位置(仙骨の上あたり)は効果的。自律神経が整い全身の血行をあげてくれます。生理痛の緩和にも効果的。

 

② 首・手首・足首

“3つの首”は皮膚が薄く太い血管が通っているため、ここを温めると温かい血液を体中にめぐらせる事ができます。実は、血液が全身(心臓→末端→心臓へ戻るまで)をめぐるスピードは約1分!血管を血管を温めるのが有効な事がわかりますね。

 

③ お腹(へそ下)

低体温の人内蔵の冷えから全身の冷えにつながっている場合は、お腹を温めて。特に、へそ下1〜2cmあたり“丹田”を温めると内蔵の動きが良くなり、全身へ血液が流れてくれます。

 

④ 背中

血液循環や代謝を良くし、胃腸の働きを高めてくれるスポット。

⑤ 脇の下、足のつけ根

“3つの首”とあわせて温めたい、皮膚が薄く血管を直接温められるスポット。マッサージするのも有効です。冬場にさっとシャワーで済ませたい時、水圧が弱くて寒い場合等、ここを中心に温めるのがオススメ。

 

⑥ 二の腕・ひざの裏

ここも皮膚が薄く、冷えやすく温めやすいスポット。不眠や生理痛で悩んでいる人にもオススメ。

 

⑦ 手・足

冷えすぎてガクブル状態の時は、一時的な解消にはなり、気持ち少し落ち着くでしょう。ただ、末端を直接温めても、すぐに体感部から冷たい血がどんどん流れてしまうので、なかなか温まらないことはお忘れなく。

 

■末端が冷えているのはめぐりが悪い証拠

手足が冷えているのは、体中の血の巡りが悪い証拠。単純に、生きて行く為に優先して守りたい(温めたい)のは、手足より内蔵!と考えるとわかりやすいですね。

 

体の末端部分に届いていないということは、お肌の毛細血管にも届いていないとも考えられます。全体的に代謝が落ちて、この状態では、お肌の調子も悪くなる一方・・・効率よく体の中心部を温めて、ぽかぽかめぐりの良い体を作ってくださいね。

  • 山口 奈里子 (モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag