コロナ太り

コロナ太り!? ウォーキングしても体重が減らない!どうすれば?

  • 更新日:2020/07/19

 自粛生活で増えた体重を減らそうと、できるだけ歩くように心がけているのに、体重が減らない……。そんな悩みが聞かれるようになりました。でも、体重が減らないのには、理由があります。極端に食事を減らしていませんか? 体重だけに気をとられていませんか? 運動しても痩せないと悩んでいる方に、その理由と対策をお伝えします。


焦りは禁物! 結果が出るのは1~2か月後

有酸素運動

 有酸素運動の成果が体重に出始めるのは、1~2か月経ってからといわれています。もしかしたら、脂肪が減って筋肉になっているから、体重が変わらないのかもしれません。

 リバウンドしない減量の目安は、1か月1.5㎏以上、一気に減らさないことです。


 できれば、体重を指標にするのをやめましょう。筋肉が増えれば、スタイルアップ、サイズダウンするけれども、体重は減りません。


 気にするべきは、体脂肪です。体重だけでなく、体脂肪を測ってみてください。「タニタ」では、18~39歳の女性なら28~34%。40歳~59歳女性なら29~35%が標準としています。もしも、体脂肪が減っているのに、体重が変わらなければ、筋肉が増えて燃えやすい体になっている証拠です。そのまま継続すれば、スタイルはアップして、太りにくく、やせやすい体になります。


タンパク質とビタミンB群は大事

 もしも、毎日30分(10分を3回に分けても可)、ウォーキングなどの有酸素運動を行っているのに、なかなか成果が出ないとしたら、燃える材料(タンパク質など)と着火材(ビタミン、ミネラルなど)が十分に摂れていない可能性があります。

 これから活動する前の朝や昼の食事が、パンとコーヒーだけ、おそばだけ、と偏っていないでしょうか?

運動する前には、栄養補給を十分にしてからでないと、体は栄養不足の危機感を感じてしまい、基礎代謝を下げて、エネルギーを使わない“省エネ体質”にしてしまいます。


 これがやせにくい体をつくります。朝食や昼食の栄養が不足している状態で運動しても、エネルギーは上手に燃えてくれません。


 栄養不足で運動すると、燃やしたい脂質や糖質が燃えず、大事な筋肉が燃えてしまう可能性だってあるのです。

“省エネ体質”になってしまうと、特に40代から女性ホルモンの分泌が低下することで、ガクッと代謝も落ち、体重が見る見るうちに増加。中年太りへと進んでいきます。


朝・昼は、たとえばサケのおにぎり、納豆ご飯

サケのおにぎり

 これから活動する時間の食事である朝食、昼食は、ビタミンB群とタンパク質を摂れるメニューにします。


 時間がなくても少量で燃焼できるおすすめの朝食、昼食は、「サケやタラコのおにぎり」や「納豆ご飯」です。ご飯は、玄米にすれば、食物繊維もビタミンも摂れて、なおよいです。


代謝アップのリンパマッサージ

リンパマッサージ

 女性ホルモンのバランスが崩れていると、代謝が低下してしまうこともあります。体内の運搬、排泄がうまくいかなくなって、体内の老廃物や水分が滞り、なかなか体重が減らないのも代謝が低下するからです。


 これは、体が冷える“冷え太り”でも起こります。

 代謝をアップして“冷え太り”を防止するには、リンパマッサージを試してみましょう。リンパがよく流れると、水分流してデトックスして脂肪燃焼にもつながります。リンパマッサージは、リンパの流れに沿って、体の先端から中心に向けてやさしく行うのがコツです。


 リンパマッサージは、食後2時間以内や飲酒後、体調がよくないときは控えてください。


①下半身は、足首からひざの裏、その後、脚の付け根(そけいぶ部)に向かって、オイルなどを使って、なで上げます。素肌に直接触れながら、なでるように優しくゆっくりしたスピードで行いましょう。強すぎるリンパマッサージは、NGです。


②上半身は、耳の下から首すじ、鎖骨、わきの下の順に優しくゆっくりマッサージ。顔のむくみ、くすみとりにもなります。


▼バックナンバー

・加齢性難聴に注意! 20代から聴力の老化は始まっています


・おりもの、かゆみ、臭い…、増加傾向にある気になる性感染症の予防策


・むせる、咳き込むは、肺炎リスクを上げる!?


・ウイルスや細菌などの感染症リスクが上がる“唾液力”の低下とは?


・湿疹がかゆくて我慢できずさらに悪化する、アトピー性皮膚炎に悩む人に改善の方向が


  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag