汗が止まらない女性

【絶対知りたい】顔汗ダッラダラ!をピタッと一瞬で止める方法

  • 更新日:2016/06/22

ジメジメ梅雨の季節は、な〜んにもしていないのじわ〜っと汗が止まらない……。バッチリメイクを決めても、外に出た瞬間に顔から汗が。

んもおおお!イラっとする(怒)

これは、梅雨のあるあるですが、場合によっては「私だけダラッダラ汗かいてる…なんでみんなそんな涼しそうな顔してるんだろ」と恥ずかしい思いをしたことはありませんか?


顔汗は、もちろん気温の影響もありますが、それだけでなく緊張や不安、そういった心理的状況でも起こります。

顔汗を止めるために、ベースメイクを工夫したり、ツボを押す、なんて方法もあるようですが、実はホルモンバランスから整える必要があるんです。


今回は梅雨にも緊張にも負けない!顔汗をピタッと止める方法をご紹介しますね♡



まずは診断!あなたはどの顔汗タイプ?

1)女性のカラダバランス乱れタイプ

生活環境の乱れや加齢、ダイエットなどで女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経が乱れて『顔汗」や「のぼせ」といった症状が出ます。特効薬がないのがこのタイプ。更年期もこちらに当てはまります。


2)ストレス緊張タイプ

ストレスや緊張で顔や手に汗が出るタイプ。「リラックス」が1番の薬ですが、そういわれてもなかなか難しいですよね……。


3)運動不足/汗腺お休みタイプ

運動不足やエアコンがずっとついている場所にいる人は、汗腺がお休みしてしまっている場合も。このタイプは、体温調節するときにカラダの汗腺が働かず、顔に汗が集中してしまうことがあるのです。適度な運動を取り入れる必要がありますが、今度は代謝があがって全身から汗をかいてしまう逆効果の恐れもあります。



顔汗はカラダとココロどちらのケアも必要!

顔汗を止めたい人のためのサラフェ

上記の3つのタイプのように、顔汗は単純に「気温が高いから」というだけではないんですね。

それにこれからのジメジメ梅雨が重なるなんて……。考えただけで滝汗です。

食事や運動などの生活習慣を変えても、ホルモンバランスや自律神経やストレスを整えることはすぐすぐにはできません。


でも顔汗は今すぐ止めたい!

そんなあなたへの救世主が「顔汗専用ジェル」です。



91%が満足!ピタッと止まる顔汗専用ジェル『サラフェ』

顔汗を止めたい人のためのサラフェ

顔汗のために開発された『サラフェ』は、日本製。日本人のお肌のために設計されています。


いつも通りのスキンケアをした後、パール粒大のジェルを手に取って、顔全体に塗るだけ!

メイクをする前につけます。化粧下地としても使えるのでとっても便利。

外出先で汗が気になったら、メイクの上からそのまま塗ってOKですし、ヨレにくく化粧直しも楽チンです♡

顔汗を止めたい人のためのサラフェ


女性のホルモンバランスを整える働きが期待されている和漢シャクヤクエキスや、発汗を抑制する高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合。毛穴から出る顔汗にギュッと吸着し、汗が流れないようにします。

さらに植物エキスが肌と毛穴を整え、1日中ずーっとサラサラ顔へ導きます。また、香りのよいアロマ成分がココロとカラダをリフレッシュさせてくれますよ♪( ´▽`)



敏感肌にも安心!5つのフリーで赤ちゃんにも使えます!

顔汗を止めたい人のためのサラフェ

合成香料、着色料などの添加物は一切使用していないので、なんと赤ちゃんでもお年寄りでも使えます。敏感肌の人でも安心ですね。


サラフェ』は顔汗に悩んでいる20〜50代の女性の支持率1位を獲得!

ユーザーのリアルな声を聞いてみましょう!


サラフェを毎日塗るようになって顔汗がほとんど気にならなくなりました。(22歳 りえさん)


正直、最初は「塗るだけで、本当に止まるの?」と半信半疑でしたが、本当ならスゴいなって!そしたら今までの何よりも良い!本当に塗るだけなので、痛みも苦しみもないですから!メイクも落ちにくくなるみたいで、今では顔汗に悩んでないダンサー仲間も化粧下地みたいに使っていますよ!(28歳 K.Sさん)


こんな喜びの声も続々と届いていましたよ♪



女子カレユーザー限定で50%オフに♡

この救世主『サラフェ』ですが、販売元ハーバーリンクスさんのご好意により、この記事からの購入で、50%オフに♪通常8,480円(税別)のところ、定期コースをお申し込みで初回50%オフの4,240円で購入できちゃいます♡

顔につけるものだし不安……という人でも、安心の60日間返金保障があります! まずは気軽にお試ししてみるのもよいかもしれません。


朝塗って一日中顔汗しらず♪ 夏が楽しみになりそうですね♡


詳しくはこちらから




■参考■

サラフェ
<AD>

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag