心理テスト

<結果>男女間の友情成立度

男と女の距離が近づくとき、そこに芽生える感情は果たして恋心なのか。それとも友情なのか…。
そもそも男女間に友情というものが成立しうるのか?
この恋愛心理テストからわかることは、ズバリあなたの「男女間の友情成立度」です。

Aの答え
「A.遠慮する」を選んだあなたは「成立度1」。
食べ残したかき氷をもらうことさえ、異性であることを意識して遠慮してしまうあなた。
常日頃から「異性=恋愛対象」と考える傾向が強く、自分が見据えた異性にのみ接近しようとします。
相手が誰であっても、異性である事実を気にするあなたは、男女間の友情が非常に成立しにくいです。
Bの答え
「B.そのままいただく」を選んだあなたは「成立度5」。
もらった相手が異性であろうとお構いなしというあなた。
相手が誰であっても、それほど性別を気にしないあなたは異性と親しくなることが多く、それだけに、2人の間に芽生える感情は恋心ではなく友情といったケースも多々あるでしょう。
Cの答え
「C.スプーンだけは変えて食べる」を選んだあなたは「成立度3」。
スプーンくらい変えた方が相手に嫌な思いをさせないと考えたあなた。
それは、性別という属性を常に配慮している証拠です。
相手によって、性別を重要視する・しないを判断できるあなたにとって、友情成立度もちょうどイーブンでしょう。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ