恋愛

学生時代とは真逆かも!?大人になってから変わった恋愛観7選

昔はなんであんなに恋愛でつらい思いをしていたんだろう? それに比べて今は“大人になったなぁ”としみじみ思う。

年齢とともに変化する恋愛観について、アラサー女性にリサーチしてみた。

みんなはどんな部分で、大人の恋愛を感じているのだろうか。


大人になってから変わった恋愛観7選

いろんなつらい経験をしたからこそ、大人になれた。そんな恋愛エピソードを聞いてみた。


●その1:失恋に強くなった

「10代のころは、この世の終わりかってくらい失恋の度にゲッソリしてて、周りから見てもわかりやすかっただろうな。

今は、無理して一緒にいるほうがよっぽどキツい。失恋しても寂しいのは一週間で、あとは徐々に“もとの生活”に戻るだけ」(32歳/保険営業事務)


○充実感ありきの恋愛だと思うようになったから、無理して去るものは追わなくなるのだ。


●その2:運転は自分でしちゃう

「『彼氏の助手席があたしのこと特等席』なんて本気でのたまってたあの頃が懐かしい。今は明らかに自分のほうが運転ウマイなって感じると、険悪になる前に『やろっか』とふつうに申し出ちゃう」(29歳/飲食店)


○カッコよくて、優しくて、運転も上手いスーパーマンな男なんていないって悟ったということ。


●その3:仕事と恋のバランスを大切にする

「20代前半のペーペーだったときは、『今日は一緒にいたいから、仕事休んじゃおっかな』が愛情表現だった。仕事を休んで看病なんかされた日にゃ惚れ直したっけ。今は、彼氏にはちょっとやそっとじゃ仕事を休んでほしくない。簡単に休もうとする男なんて本気でイヤだ」(33歳/ウェブデザイン)


○仕事ありきの生活、生活ありきの恋愛。バランスが悪いと結局続かないものだ。


●その4:メールに振り回されなくなった

「今思うとありえないけど、昔はメールの返信が遅いだけで落ち込んでた。メールの一語一句が気に入らないからって振ったり(笑)。

もうメールで一喜一憂することはない。逆にあまりにもメールのノリがいいと怪しんじゃうかも」(28歳/製菓メーカー)


○メールなんかじゃ人柄はわからないもの。メールよりも会って話したほうが伝わるしね。


●その5:相手の親兄弟への関心が出た

「学生の頃の恋愛って、自分たちさえラブラブなら良くて、相手の親に好かれようなんて発想はさらさらなかった!

今は育った環境や家族の影響が、必ず彼のどこかに根付いていると思うので、早い段階で確認するに越したことはない(笑)」(29歳/接客)


○これが結婚適齢期の恋愛観ってこと。


●その6:彼氏の友だちへの関心が薄れた

「若いころは、彼が言う『友だち』ってダレ? 男? 女? って口には出さなくても、ものすごくアンテナを張っていて疲れちゃってた。

今は自分にも男友だちのひとりやふたりいるように、彼にもあたしの知らない世界があってもいいと思える。成長したなあ~」(30歳/美容師)


○どれだけ目を光らせても浮気するやつはする……という結論に辿り着いたとも言う。


●その7:プレゼント選びが上手になった

「20代はちゃんとブランドやトレンドにも敏感なプレゼントを意識していた。でも、あんまり気に入ってもらえなかったこともあった。

そのとき彼に“必要なもの”をプレゼントするのが大切なんだって気づいた。最重要ポイントはもちろん実用性」(28歳/IT営業)


○ちなみに、本当にほしいものは自分で買いたい男性も多い。旅行など“お金では買えないプレゼント”が喜ばれることもある。


若いころの経験活かしてる?

今の方がずっと恋も仕事も楽しんでいる! というアラサー女性は多い。

しかし、『あのがむしゃらな恋愛』あってこそ今がある……と思えるのは素敵なことである。


今のあなたを育てた、今だからこそ感謝できる、甘酸っぱい恋愛エピソード!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ