恋愛迷子

本命未満女子・婚活二股女子…恋愛迷子が自分の道を見つける方法

  • 更新日:2019/04/10

「好きな人と友達以上の関係を続けているのに、今は誰とも付き合う気はないと言われた」「彼氏のことは好きだけど結婚には向いていないから、安定職の男性ともデートしている。どちらを選ぶべき?」「いつも一回のデートで終わってしまい、次につながらない。私の何が悪いんだろう」など、恋愛がうまくいかずに悩んでいる女性は多いでしょう。


今回は、恋愛本のカリスマANNAさんと、漫画家はるな檸檬さんの共著『恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス』から、恋愛迷子の女性が、自力で迷子から脱するためのヒントをご紹介していきます!


【本命未満女子】「好きだけど付き合いたくない」のほんとの意味とは?

本命未満女子

好きな相手から、「好きだけど付き合いたくない」「付き合うとしたら〇〇(あなたの名前)だけど、今は誰とも付き合いたくない」「仕事が忙しいから、付き合うことで逆に悲しい思いをさせてしまう」などと言われ、「実質恋人と同じことをしているのに、恋人認定してもらえなかった」経験はありませんか?


こういった場合、交際を避けられた側は、「なんで付き合うと言ってくれないのだろう」と悩み、そこに何か深い、どうしようもない理由があるかのように錯覚してしまいがちです。ですが、ANNAさんは、ばっさりと理由を一言で言い切っています。


男性が正式に付き合わないのは、他に女が欲しいからです!! 少なくとも、まだまだ女を探したいんです。(P.11)


自分が本気で好きで、「彼ひとりに決めたい」と思っているのに、相手からは、「選択肢のひとつ。まだまだ他にいい人がいるか探したい」と思われているのって、辛い現実ですよね。現実があまりにも辛辣なので直視できず、「お互い好きだけど、今は仕事が忙しいから仕方ない」「もっとお互いを知り合う時間が持てれば、本命になれるはず」という妄想を抱いてしまう、ということもありがちです。ただし、彼との関係をどうにかしたいならば、現実をしっかりと把握する必要があります。


片想いの恋愛(セカンド、セフレなども含む)において、「いつか逆転サヨナラホームランがあるかも」と考えてしまうと、いつまでもその関係に見切りがつけられず、年単位で続いてしまうことも。自分に対する相手の気持ちを正確に把握することは、とても重要です。「こうだったらいいな」とか「こうなってほしい」という「願望」と「実際はこうである」という「現実」を分けて認識できると、恋愛や結婚の成就率は飛躍的にアップしますよ!(P.17)


【婚活二股女子】「納得いく結婚」をするには?

婚活二股女子

「結婚はしたいけれど、いつも結婚向きではない(ようにみえる)生活力のない男性ばかり好きになってしまう」「彼氏は結婚相手として不安要素が大きいから、婚活している」「一緒にいて楽しい彼と、大企業に勤める安定した彼と、二股をかけている」など、結婚が絡むと、好きだからという理由だけで、彼氏に一途になれない、という女性は少なくないでしょう。


本書では、ANNAさんが、「40歳フリーターでアーティストの彼と、安定職だけど一緒にいても退屈な彼を二股にかけている相談者マリコさん」の、「どちらを選ぶべきか」という相談に答えています。


「安定した人と結婚しておかないと、老後面倒を見てもらえなそうで心配」と語るマリコさんに、ANNAさんは、そもそもの結婚に対する考え方が危険だと警告します。


結婚相手にしてもらうことしか考えない人って多いんですけどね、それね、すごく危険なんです。私は恋愛とか結婚の相手を選ぶとき、自分がこの人を助けられる、という人を選ぶようにしているんですよ。なぜかというと、自分が助ける側だと捨てられないからです。いつも助けられる側ばかりで、「捨てられないかな」「飽きられたらどうしよう」とか不安になるのが嫌なんですよ。私がその人にとって必須な存在であったり、その人の人生をよりよくする手助けでありたいんです。そうすれば少なくとも捨てられにくいですし、選択の余地や決定権は私にありますから。(略)相手に依存した考えばっかりだと、相手にいつか捨てられるかもしれないし、それを決めるのは相手になるし、そもそも選ばれにくいと思うんです。依存する考えしかない人だと、相手から見て、一生一緒にいるビジョンが浮かばない。(P.80)


また、結婚相手を選ぶ際、「周囲の意見や社会の影響を受けた‘頭の声’ではなく、自分の内側から湧いてくる‘腹の声’に従うこと」や「籍を入れて夫婦になることではなく、結婚の中身(結婚生活という実質)に自分が何を求めているのか理解すること」が重要になると指摘しています。


さいごに。恋愛迷子を抜け出すための第一歩は、現実を直視すること!

恋愛迷子

本書では、元カレとの復縁を望む「復縁もくろみ女子」や、無意識に自分を傷つける恋愛ばかりしてしまう「自傷恋愛女子」、自分が都合のいい女になっていると気が付いていない「無自覚セフレ女子」、いつも一回のデートでその先が続かない「単発デート女子」などの悩みを、ANNAさんが愛のある言葉で次々と解決していきます。


「自分のダメな恋愛を客観視したい」「恋愛迷子から抜け出すアドバイスが欲しい」という女性は、一度手にとってみてはいかがでしょうか。



今回ご紹介した本

『恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス』

著者:ANNA・はるな檸檬

出版社:ワニブックス




【バックナンバー】女性を幸せにする本

男女平等の先進国スウェーデンの絵本は、大人が読んでも刺激的!
媚びない女の幸福論『女の子が自力で生きていくために必要なこと』
不妊治療を始める方必見!後悔しないクリニック選び「7つのポイント」
「努力してるのに、仕事も婚活もうまくいかない」女性に知ってほしい考え方
求人詐欺にご用心!ブラック度の高い「求人票の見抜き方」とは?
女性を幸せにする本
  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag