アラサー女子

アラサー女子は不毛な恋愛をしないだけで100点です

  • 更新日:2019/04/17

こんにちは、トイアンナです。

突然ですが……アラサーになってから「できていて当たり前」とされることが増えて心苦しくありませんか?


■アラサーって多くを求められすぎじゃない?

高校時代は学校へ毎日通って、せいぜい部活を頑張ったり勉強ができたりしていれば褒められる世界だったのに。


あれから10年、アラサーたるもの

「結婚しろ」

「ちゃんと恋愛結婚で頑張れ」

「ただ親が反対するような奴はやめろ」

「子供産め」

「仕事で成果を出せ」

「部下を育てろ」

「出世コースか、専門技術を身に着けるか決めろ」


と、書き連ねるだけでキュウ……と喉を締め付けられたような声が出ます。


けれど体感時間は早まるばかり。ついこの前、成人式があったよね? と思っていたのにいまやお肌が勝手に曲がり角へ突進。冬ともなればどんな液体を塗り込んでも肌がゴビ砂漠だし、二日酔いは夕方まで治らないし。


体感時間は短いのに体は衰え、求められることは増えていく。こんなのあんまりだよ! と言いたくなるのがアラサーじゃないかと思うのです。


■アラサーの評価はただ1点で大丈夫

女性

これまで1,000人以上の人生相談を伺った経験から申し上げますが、アラサー女性の評価基準は1つだけで結構です。


この世にはハーバード大学在学中に出会った男と結婚して、子供2人育てながらワーキングマザーをしている方もいます。実家暮らしの無職で30代を迎え、なにやってんだろ……と思いながら求人情報をネットで検索する女性もいます。どちらも自分なりに目の前の状況に対処しているわけで、上下の世界じゃありません。


けれど、アラサー女性が1つだけ自分の意志で決められることがあります。それは「不倫をするか、しないか」です。


■そりゃあ、この年なら周りはみんな既婚ですよね

既婚者

わざわざ1つの条件に挙げるポイントが不倫!? とびっくりされた方もいらっしゃるでしょう。けれど相談実績で申し上げれば、アラサー女性の悩みの半分は不倫です。


不倫、したくなる気持ちはわかります。まっとうな性格の男は軒並み30歳前に結婚してしまってて、うっかり今の彼氏と29歳で別れようものなら本当に「次がない」のです。


この年で「いい人紹介してよ」と友達から言われても、紹介できる相手がいません。Facebookの友達一覧をざーっと眺めても、既婚、既婚、既婚。


いざ偶然の出会いが起きても、マッチングアプリで素敵な男性に出会っても「実は既婚なんだ」とカミングアウトされること多数。まあ、事後にいわれるよりマシですけどね!? ってなもんです。


「いい男」どころか「普通の男」だって軒並み結婚している……それがアラサー女性の婚活市場でございます。


■アラサーから不倫を始めると予後が悪い

不倫

それでも、既婚者との関係はやめてください。なにしろ、アラサー女子の不倫は予後が悪いのです。


人生経験豊富なアラサー女子が選ぶ不倫男は、いい男に決まってます。既婚者でもとびきりいい男を選べるのが、不倫の醍醐味です。


だからこそ、それ以下では満足できなくなってしまう。むしろ「既婚彼よりもっといい人が出てきたら、不倫をやめてもいいかな……」なんて悠長なポジションを取ってしまう。それがアラサー不倫のリスクです。


不倫で付き合える男性と同じくらいまっとうに「見える」男は、婚活市場にいません。


といっても、アラサー未婚男性が大きく劣っているわけではありません。


アラサー未婚男性は、「ハゲ家系だけれど性格がおだやかで高年収」とか「外見・性格最高だけれども自営業で安定しない」など、完成品を求める女性がふるい落としそうなポイントが見えるだけのまっとうな方がほとんど。


そして、この世には完成品の男なんておりません。不倫で付き合える既婚男性だって「浮気性」という大きな欠点を抱えているのです。


ですから悪いことは言いません、不倫はやめておきましょう。アラサー女性はそれだけで100点満点。他の出世やら出産やらは忘れて、のんびりやっていきましょう。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

まだ「おごられるのが当たり前の女」をやるつもり?

明日、あなたもセックスレスになるかもしれない。まさかと思う人こそ知るべき予防策

話し合いができる男は、年収3,000万の男より尊い

いい恋は、あなたを幸せにしない。愛するよりも愛されていい

雨は止む。恋は冷める。彼をどんなに好きだとしても。

隠れ既婚者多し!話の面白い遊び人が好きなあなたへの防衛術

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag