恋愛

交際3人以下で結婚が半数!結婚に関するアンケート調査

プレスリリース3人目で結婚説

 結婚を意識する年齢になると、考えだすのがお付き合いをしている相手との結婚。「3人目で結ばれる」という説もありますが、いま結婚生活を送っている人たちは、交際何人目で結婚しているのでしょうか?

 20代~60代の既婚男女1,000人に聞いた、結婚に関するアンケート結果をご紹介します。


結婚までの交際人数は3人以下が約半数

 まず、「現在の配偶者と結婚するまでに、何人くらいと交際しましたか?」という質問について見てみましょう。


画像1

 結果、最も多い回答は「3人目」で21.9%。この結果を見ると、「3人目で結ばれる」説はあながち嘘ではないような気がしてきますね。

 さらに、「1人目」(14.6%)、「2人目」(16.1%)の割合を合わせると、3人目までに結婚に至っているという人が半数以上(52.6%)存在することが分かります。


「現在の結婚生活に満足」が約8割!

 続いて、現在の結婚生活に満足しているかどうかの結果がこちら。


画像2

 現在の結婚生活に満足しているかを聞いたところ、「満足」「どちらかというと満足」を合わせると、約8割の人が満足していると回答しています。

 さらに、この調査を実施した株式会社デジタルアイデンティティによると、交際人数別に満足度を見たところ、満足度の違いは1割以下でほとんど変わりはないものの、最も満足度が低い1人目(78.1%)と比べると、「4人目」(88.5%)で結婚した人が10%ほど満足度が高かったようです。


 ちなみに、「満足」「不満」両者から以下のような意見があがっています。


画像3

結婚相手との出会いの場所は年代によって大きく変化!

 結婚相手と出会った場所といっても、時代の流れとともに変化していることもあるはず。ということで、次に結婚相手との出会いの場所について見てみましょう。


画像4

 20代〜60代まで、全世代1位は「職場」が最も多く、2位は「友人の紹介」という結果に。

 変化が見られるのは3位以降。60代以上の男女と40~50代の女性は3番目に「お見合い」が多いものの、20〜30代の男女のトップ5からは「お見合い」が消えています。その代わりに、20~30代の女性の5位には「SNS」が登場。20〜30代はSNSやマッチングアプリで出会う人も多く、「お見合い」はすでに過去のものとなりつつあるようです。

 また、60代以上の男女では「ナンパ」をきっかけに出会った人も多いことが分かります。ディスコブームが起こった70〜80年代に20代だった60代にとって、ナンパで男女が出会うことはめずらしくないことだったのかもしれません。


初恋の人と結婚した人は全体の10.2%

 少女漫画のように、初恋の相手との結婚に憧れたという人も多いのではないでしょうか。最後に、初恋の相手との現在の関係について聞いてみました。


画像5

 初恋の人といえばいつまでも忘れられないということも多いと思いますが、現在「関係はない」(68.3%)と答えた人が約7割という結果に。今や甘酸っぱい思い出の一つとして残っているのかもしれませんね。

 一方で、初恋の人と結婚できたという人も10.2%いることが分かりました。なんとも少女漫画のような展開で憧れます。



 いかがでしたか?

 出会いのきっかけについては、世代間でかなり変化の見られた項目もあって興味深い結果となったのではないでしょうか。

 11月22日のいい夫婦の日は、現在の自分たち夫婦の関係を今一度見直して素直な気持ちを伝え会える日にできると良いですよね。



【参考】

株式会社デジタルアイデンティティ

https://www.engage-trend.jp/point/married/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ