恋愛

まだ「おごられるのが当たり前の女」をやるつもり?

お金を払う男性

こんにちは、トイアンナです。最近、Twitterでこんな調査をしてみました。



「デートで男性がおごるべき」と答えたのはどの世代でも3割程度。過半数の女性は「割り勘」を希望していました。


バブルの時代も今は昔。割り勘はいまや当たり前の文化なのです。


■それでも「おごり」にこだわるなら

食事

それでも、「男ならデートでおごるべき」とこだわりたいなら。一度、なぜそう思うのかを考えてみませんか。


別に、大多数が割り勘なんだからお前もそうなれとは言いません。私のようにデートで男へおごりたい女がいるように、おごられたい女だっていていいじゃん、と思います。


ただ、「結婚したい」という女性から、よくこんな相談があるのです。

AさんはIT企業で経理担当の34歳。婚活は2年前から始めており、成果が出ないことに焦っていました。


Aさん:普通の人と結婚したい。でも婚活してみたら、普通の男が全然いないんです。


トイ :これまで出会った方は、どこが普通じゃないと感じましたか?


Aさん:いろいろですね。たとえばですけど、初めてお会いしましょうってなって、場所が庶民派すぎる居酒屋とか。ありえなくないですか? 普通はホテルのラウンジとか、無難なところにするでしょう。


あとはいきなり上座のソファに座っちゃう人。周り見て、誰も上座に男座ってないよ! って、そこにいるのも恥ずかしくて。


他にはそうですね、アプリで初めてお会いした方にお会計で「2,000円でいいよ」とか言われて。いや、初デートでしょ。「そこはおごったら?」って思います。しかも6,000円の会計で2,000円とか、たった1,000円でどんだけ偉そうなのかと。


トイ: Aさんのおっしゃることは、どれもアプリなどの検索では絞り込めなさそうですね。普通というのが年収や背丈など検索できる条件ではないですし。


Aさん:そうなんです。だからいちいち会って、確認するしかなくて。それで変な人に会っちゃうと、もう休日をつぶされた……と思って1日落ち込んでます。


トイ: 確かにこれらの条件は、Aさんにとって「普通」かもしれません。けれど、「普通」と認定するまでの条件が多すぎませんか。これだと「普通」認定をするまで100個くらい条件がありそう。そうなるとどんなにユルい条件でも、当てはまる男性が数パーセントになってしまうかな……。


■Aさんを笑う前に、条件の絞り込みを

カフェ

このAさんを「バカだ」と笑うのは簡単です。でもちょっと待ってください。普段からデートで「こんな男ないわ~」と細かい部分、それも結婚したら全く関係なくなりそうなところを見つけて切り捨てていませんか?


「おごり・おごられ」は細かな条件の中でも目立ちやすいので話題に挙がるだけ。


実際にはどこでご飯を食べたいか、ナイフとフォークをちゃんと使えているか、デザートが欲しいか確認してくれるか、ハイヒールで歩くことに気づかいを見せてくれるか……などなど、無数の些末なポイントで足切りをしている女性が後を絶たないのです。


けれど、ナイフとフォークが使えなくたって、結婚後に死にはしません。そういうお店へ行くのが好きなら、こちらが教えればいいのです。そこで「俺にガタガタ命令するな!」と怒る男性は、結婚でも支障があるでしょう。


けれど知識の差で、あなたと全く同じ人はいません。ぱっと見て暮らしぶりが一緒に見えたり、家庭環境が似ていても必ず差は見えてきます。それより「あなたとの差を面白がって受け入れてくれる人か」の方が、これからの暮らしでよほど大切です。


それを「男性がおごるのが普通でしょう」と固執するなら、自然と成婚率は下がります。普通は人の数だけあるのです。そして求める「普通」の数を減らせば減らすほど、選べるパートナー候補は増えます。


さあ、一緒に婚活、やってまいりましょう。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

明日、あなたもセックスレスになるかもしれない。まさかと思う人こそ知るべき予防策

話し合いができる男は、年収3,000万の男より尊い

いい恋は、あなたを幸せにしない。愛するよりも愛されていい

雨は止む。恋は冷める。彼をどんなに好きだとしても。

隠れ既婚者多し!話の面白い遊び人が好きなあなたへの防衛術

イケメンという謎の生命体をなぜ女は追ってしまうのか

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ