恋愛

あらゆる恋バナの元祖はシェイクスピア!?燃える恋の法則

あなたは恋愛で「いまいち彼の反応が悪いな」と悩んだことはありませんか?


男性が奥手でまったく進展する気配がない。デートをしても食事だけで解散してしまう。


そんな時に効果的な2つのテクニックをご紹介いたしましょう!


あらゆる恋バナの元祖はシェイクスピアである

「シェイクスピア戯曲はお好き?」と訊ねられても、「堅苦しいな」と捉える人もいるでしょう。

確かに、「ハムレット」や「リア王」など、少し難しいものもあるかもしれませんが、現代のドラマ・映画の元ネタになっているのは、そのほとんどがシェイクスピア作品であるとも言われているんですよ。


シェイクスピア作品に馴染みがなくとも、「ロミオとジュリエット」はほとんどの人が知っていますよね。かの有名なブロードウェイミュージカル「ウェストサイドストーリー」も、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」が基盤になっているとされています。


「ウェストサイドストーリー」の対立するギャング団に属するトニーとマリアの悲恋は、家同士が争っているロミオとジュリエットの関係性を現代に甦らせたものなんです。


実は、この「ロミオとジュリエット」の物語は、映画やドラマの元ネタとしてだけではなく、恋愛にも応用できるポイントがあります。


ロミオとジュリエット効果とは?

恋人同士の間に何らかの“障害”が存在することで、かえってそれが2人の恋愛感情を高める、という現象を「ロミオとジュリエット効果」といいます。


ロミオとジュリエットの場合は家同士の抗争が、トニーとマリアの場合も所属するギャング団の対立が、それにあたります。


もちろん、ここは現代の日本ですから、「彼氏の家と自分の家が、血で血を洗う争いを続けている」というシチュエーションを抱えることは滅多にないでしょうし、「お互い、街のギャング団に所属していて……」という状況も珍しいでしょう。


そういったドラマチックな事情を作らなくとも、いま現在の生活に「ロミオとジュリエット効果」を取り入れることは意外とカンタンです!


障害が生まれることによって2人の関係が燃えあがる

それぞれの親に交際を猛反対されるロミオとジュリエットですが、反対されるがままに別れることは出来ないし、かといって家同士が争っているという事実を無視することも出来ない……という状態が、心の中に葛藤を起こします。


この葛藤が、「大切な両親が反対しているのに、ジュリエットを愛してしまうということは、僕は相当ジュリエットのことを求めているんだ!」という心境にさせるのです。


私たちの周囲にも、奥さんやカノジョを持つ男性ばかりに惚れてしまう、愛人体質の女友達がいますよね。奥さんやカノジョがいるという障害がありながらも、不毛な恋を続けてしまっているという現状が、その男性への恋心をさらに燃え上がらせているという仕組みです。


さて、友達のことはさておき、自分自身の恋愛に「ロミオとジュリエット効果」を取り入れるには、ちょっとした障害を設けるといいでしょう。


例えば、キスを求められた際に、「口内炎が出来ているからムリなの」と断ってみる。

すると、「キスしたいのに、口内炎によってキスが出来ない」という葛藤が生まれ、「キス出来ないのに、キスを求めてしまったということは、僕は相当この女性を欲しているんだ!」と思い込ませることが可能です。


但し、「私は屋外プレイでないと、感じることが出来ないオンナなの!」など、あまりにも大きすぎる障害を作ってしまうと、太刀打ちできないと諦められてしまうこともありますから、障害を設ける場合は軽めに設定しましょう。


さらに上級者向けのカリギュラ効果とは?

「ロミオとジュリエット効果」は、“障害”を設けることによって恋を盛り上げるテクニックですが、さらに上級編もあります。“障害”よりも、さらにハードルの高い、“禁止”が生み出す、「カリギュラ効果」と呼ばれる心理効果です。


「カリギュラ」というアメリカ映画をご存知でしょうか? 

ローマ帝国皇帝カリグラの人生を描いた歴史映画なのですが、あまりにも残虐な場面が多かったため、一部の地域では公開禁止になりました。


ところが、それによって逆に世間の関心を高め、公開禁止の地域の住人は、わざわざ遠くの町まで足を運んだといいます。禁止されることによって、かえって頭から離れなくなり、魅力を感じてしまったんですね。


これを、奥手なカレを攻略する作戦に取り入れてみましょう!


例えば、「私って、お酒を飲むとかなりエロくなっちゃうみたいだから、禁酒することにしたの」と、お酒デートを禁止する状況を作り出します。

「禁止されることでかえってやりたくなる」というカリギュラ効果が働けば「飲ませたい!」「飲ませてエロくさせたい!」と、とんとん拍子にことが進むかもしれませんよ。


真っ向勝負の恋愛がスピードダウンしてきた時は、こういったテクニックも取り入れ、恋を再起動させたいものですね!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ