恋愛

話し合いができる男は、年収3,000万の男より尊い

カップル

こんにちは、トイアンナです。話し合いができる男は、ほとんどいません。話し合いができる女が少ないのと同じです。


「え、わたし話し合えるし!」と思っている女性へ。これは私もよくやらかしているので、切腹しながらお話させていただくのですが……。


・なんで察してくれないの!?と、怒った

・疲れているときに話し合いを中断して寝ることを選んだ

・話し合っているつもりだったが、相手が黙って謝るだけだった


これらに1つでも当てはまるなら、「話し合いができていなかった」日は少なくともあったはずなのです。


■話し合いができないと、どこかで不満が爆発する

ケンカ

もし、片方がわーっとしゃべっているのをもう片方が聞いて謝るだけの「話し合い」をしているなら。もし、察してもらえなかったことに怒りをどちらかが抱いているなら……それはお互い、話し合いスキルが不足しているのでしょう。


私もスキル不足です。私は話し合いがヘタで、なんでもため込んでしまうほう。自分でも怒りをため込んでいることに気づけなくて、どこかでふっと怒りが頂点へ達してしまいます。


でも、それでは不満を解消できません。

「私はこういう気持ちだけれど、あなたはどう思う?」

という、感情と感情の確認しあいがカップルの話し合い。


どっちが正しいか決めるディベートや、どちらの意見を通すべきか決める会議は話し合いではなかった。不満がたまっていても、相手の話を聞くこと。一度受け止めてから、自分の気持ちも受け止めてもらうこと。感情をちゃんとキャッチボールすること。


1度離婚したからこそ、その大切さを痛感します。


■ハイスぺ男より、話し合いができる男

会話

そして話し合いができる相手は、年収3,000万のハイスペックな男性に勝ります。

(すみません、私の周囲にいるウルトラハイスペック男性がこの年収なので、これ以上の年収だと年収が勝るかもしれません。笑)


なにせ、話し合いができないハイスペ男はいま「働く君が好きだ。仕事をやめなくてもいいし、やめてもサポートするからね」なんて言ってもいつかは、

「もっと俺のことを察して仕事を控えろよ!」

「女なら飲み会に行くのでも料理を作ってから行くのが常識だろ!」

なんて怒り出すからです。話し合いのできない人は最初理解のあるふりをして、不満をコツコツ貯蓄してしまいます。


話し合いができないのですから、あなたは一方的に怒られるしかありません。極論に見えたかもしれませんが、結婚してから彼の勝手な「常識」を押し付けてくる話し合いのできない男は無限にいます。これはフィクションではなく、未来の自分になりうるのです。


■話し合いのできる男を見つけたら、絶対に離すな

結婚

ですから、話し合いのできる人を探しましょう。「話し合いができる男性」とは、こちら側から話し合いをやめようと思っても「だめ、ここで話し合わなきゃお互いに不満が爆発しちゃう」とあなたを話し合いへ誘導してくれる人です。


そういう人を見つけたら、手放してはいけません。あなたの感情をきちんと受け止めて、彼の気持ちも伝えてくれる人を見つけたら、彼が無職だろうがホームレスだろうが、激レア人材です。捕まえましょう。


何なら彼のためにあなたが大黒柱になったっていい。話し合いができる男性とは、たびたびぶつかることもあるでしょう。けれどもぶつかった数だけ、あなたを理解しようとしてくれる人です。


「本当は家庭的な女がよかった」

「専業主婦なんてナンセンスだ、俺の同僚は産後1か月で復帰した。それがいまの常識だろ? お前も職場復帰するのが当たり前だろう」


なんて、とんでもない常識をぶつけられる前に。ハイスぺより話ができる相手と、幸せになりましょう。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

いい恋は、あなたを幸せにしない。愛するよりも愛されていい

雨は止む。恋は冷める。彼をどんなに好きだとしても。

隠れ既婚者多し!話の面白い遊び人が好きなあなたへの防衛術

イケメンという謎の生命体をなぜ女は追ってしまうのか

「話が面白くて誠実な男」が婚活で見つからないわけ

プロポーズされる価値のある女は、●●があった

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ