恋愛

「○○か!?」思わずツッコミたくなる男性誌のモテ部屋テク

 

 

飲み仲間であり、合コン仲間でもあるアイコ(仮名)に聞いたことがある。

 

「手料理をふるまうから」と、とある男性の部屋に誘われたらしいのだが、それがとてつもなくひどい部屋だったのだそうだ。なんと、6畳一間の畳の上に、たくさんの食べ残し。

 

ふだんは「男ってバカねー」と、アンニュイな表情で知った口をきくくせに、そのときばかりはうろたえてしまったアイコ。畳だから当然、直に座らされたのだが、はやく帰りたいと思いながらも男性の提供する餃子(畳の上に直置き)を完食するまで、作り笑顔と足の神経回路を遮断して、必死に耐え忍んだそうだ。

 

「男の手料理」という“モテテク”でおびき寄せておきながら、部屋をきれいにしておくという基本中の基本が欠如しているのはいかがなものか。

 

世間にはとにかくまあ、手料理やら左ハンドルやら夜景の見えるバーやらと、どこぞの雑誌に特集されているモテテクをそのまま実践してヘタこく男が多いこと。「いい歳して童貞か!」と、そんな男に出会うたびツッコミたくなるのである。

 

ところで、某メンズ雑誌にて「男のモテ部屋特集」というのが掲載されていた。彼らが信じてやまない“モテ部屋テク”も、女性の立場からしてみると「ちょっと待った!」と言いたくなるものばかり。

 

そんな5つの例を挙げてみよう。

 

 

 

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ