恋愛

プロポーズされる価値のある女は、●●があった

プロポーズ

こんにちは、トイアンナです。

SNSを覗けばプロポーズ、結婚式、出産のラッシュ。めでたい報告にうれしいような、胸を締め付けられるような。祝いたい気持ちと、少し友達が遠ざかった複雑な気持ちを抱えつつ、今日もふくさへご祝儀を詰め込むのです。


30代も半ばへ近づけば、恋愛相談もせっぱつまったものが増えてきます。

「なぜ友達はみんな結婚できたのに、私だけ一人なんですか」

「やっぱり私がブスだからですか」

「なぜ彼は私でなく彼女を選んだんですか」


こうして、自分と向き合うのはしんどい。結婚する資格がないと言われている気持ちになるからです。でも、だからこそ、あえて。「プロポーズされる資格が自分にあるか?」というきつい課題に向き合いたいと思います。


■愛されることで、自分を愛そうとしていないか

カップル

本当につらい質問をします。

あなたは、すてきな男性から愛されて、プロポーズされれば自分が救われると思っていませんか。いま絶望しているわけではないでしょう。けれど仕事のモヤモヤとか、親が死んだらどうしようという漠然とした不安とか、既婚になる友達との距離とか、そういうものを「結婚さえすればチャラ」にしたいんじゃないですか。


冷静になれば、わかっているはずです。結婚したからって仕事はうまくいかないし、相手が大富豪でもなければ辞められないことに。親の介護問題はいずれにせよ降ってくると。一度離れた友達とは、もう戻れないことも。けれどそれを「私も結婚すれば何とかなる」と思っていませんか。その方が楽だからと。


けれどそうして現実の不安を「愛されること」で満たそうとすれば、相手へ求めるものは大きくなります。「介護なんて気にするな。嫌なら仕事やめてもいいよ」と言えるくらいの稼ぎや、器の大きさを求めてしまうからです。さらに友達の旦那様と比べて劣らないルックスがいいとか、会社名なんて言いだせばキリがありません。


■愛を外注するな、自分で自分を愛せよ

自分を愛する

もっとキツイ質問をします。

あなたは、すてきな男性から愛されさえすれば「自分のことを好きになれる」と思っていませんか。コンプレックスまみれで、何もかもうまくいかない自分をようやく「こんな彼に愛される資格のある私」として受け入れられそうだと思っていませんか。


けれどこれだけは真実です。自己愛を男で満たそうとする女は、愛されません。男性だってバカじゃない、あなたが自尊心を男で……もっと言えば男のスペックで埋めようとしていることに気づきます。だからあなたから離れていくのです。


自己愛を外注してはなりません。自分を愛してあげられるのは、この世でただひとり自分だけです。彼はあなたを永遠に満たすことなんてできません。いつか欠点があらわになり、あなた(が理想化した姿を)裏切ることになるでしょう。


■出会いよりも、気づきを増やそう

自由な女性

もしここまでの文章であなたが「刺された感じ」や「怒り」を覚えるなら、きっとあなたは男性を愛する前に、自分を愛したほうがいい段階にいます。あなたの中にいる「さみしい、愛されないかもしれない、つらい」と泣いている子を救わなくてはいけないのです。


いまは合コンじゃなく、ひとりの時間を作りましょう。そして「さみしい、ひとりになっちゃう、私になんて価値はないんだ」と泣いている自分に向かって「もう大丈夫だよ、私がいるからね」と話しかけてみてください。出会いよりも、自分に対する気づきを増やしましょう。


そして「誰かに愛されなくても、自分はすてきだ」といえるようになってから婚活はしてみませんか。自己愛を男で埋めようとする25歳より、自分をすてきだと信じている38歳の方がモテます。だから遅すぎることはありません。あなたのことを、まずは世界一愛してください。婚活は、それからです。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

恋愛結婚は本当に幸せですか。熟年離婚を迎えた夫婦の話

30歳の女は「結婚しない彼」と付き合う権利を奪われる

アラサーになったら「普通の人と結婚したい」を見直そう

あの子は結婚できたのに、なんで私はダメなの?思考

不倫をするのはいいけどさ、現実から目をそらすなよ

「女を武器にして」仕事をやりすぎると婚期を逃すよ?

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ