恋愛

アラサーになったら「普通の人と結婚したい」を見直そう

結婚する女性

こんにちは、トイアンナです。

婚活相談でもう何百回聞いたことでしょう、「普通の人と結婚したい」という言葉を。そして何度共感したことでしょう。誰だって「趣味はリカちゃん人形の髪をもぎとることです」なんて男性とはお付き合いしたくないでしょう。


やや例が極端すぎましたが、DV、浮気性、多重債務者など誰もが「うっ」と言いたくなる条件はあります。「普通の人がいい」というのは、要するに消去法で地雷男を避けたいというお気持ちであり、そりゃそうだ、と言いたくなります。


■ 自分の普通は、育った環境の「ふつう」

家族

ところで、この「普通の人」というのは人によって全然意味が変わります。年収800万で両親が医師や弁護士などの士業についている方だけを「普通」と呼ぶ女性もいれば、居酒屋でジャーキーつついて飲める男性を「普通」と呼ぶ方もいるのです。


それもそのはず、女性にとって「普通」が何かは、それまで本人がどんな環境で育ってきたかによって決まってしまうから。両親が医者、自分も国立大学医学部卒の女性にとって医者は「普通」の職業です。たとえ婚活市場でいくら人気があると知っていても、別に医者と結婚するくらい普通でしょ、となってしまいます。


しかしいくら自分にとっては「普通」の相手でも、婚活では超・レッドオーシャンの男性も少なくありません。商社の総合職に勤める女性は「いったい同期がなんでこんなモテるかさっぱりわからん」と首をかしげていました。


彼女にとって商社マンは普通の男性だからです。けれど商社マン、婚活では安定の超レアカードです。少なくとも「普通の男でいい」くらいの気持ちでは、到底結婚できないでしょう。


■ 自分の「ふつう」を棚卸ししよう

サラリーマン 30歳男性の平均年収は420万円

だから一度自分が見ている「普通の男」像を棚卸しすべきなのです、アラサー女子は。30歳男性の平均年収は420万円です。平均身長は167cmで、体重は66kgたとえば年収500万、身長170cm台を希望することは、すでにレア男性狙いとなります。


さらに大卒の比率は56.8%で、大卒は決して「ふつう」じゃありません。大企業は全体の0.3%しかなく誰もが知っている大きな会社に勤めているだけでも、相当レアな男性です。


「別に大学どこかなんて気にしないし、普通に知ってる会社で働いて、年収500万くらいで、身長も170cmあればいい」と言いだすと、とんでもない相手を狙っていることになります。たとえ自分が500万より稼いでいて、高学歴で、ナイスバディでもそれは変わりません。自分の年収がいくらだろうが、平均以上の男性は婚活市場でレッドオーシャンなのです。


■ レア男性を狙ってもいいけれど、勝ち取る覚悟は決めよう

職場

別にレア男性を狙うな! とは言いません。自分が育った環境と似た男性を求めるのは自然なことでしょう。ただしその男性が希少価値の高い方なら、他の美女を押しのけてでも自分が結婚するだけの「売り」を作る必要はあるでしょう。


それはたとえば「中学受験経験者なので、子どもの受験も楽に指導できる」といった知能でのメリットかもしれないし、「親が資産家なのであなたが倒れても大丈夫」といった経済的バックアップかもしれません。いずれにせよ「普通でいい」というスタンスでは婚活でとうてい付き合えない相手が、なぜか職場にはゴロゴロいるものなのです。


職場で普通の彼が、婚活ではトリュフやフォアグラ級男子なのかもしれない。その覚悟を決めたら頑張りましょうぞ、婚活戦線! 筆者も現在婚活中の身として、気を引き締めていきたいものです。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

あの子は結婚できたのに、なんで私はダメなの?思考

不倫をするのはいいけどさ、現実から目をそらすなよ

「女を武器にして」仕事をやりすぎると婚期を逃すよ?

「前の彼は●●だったから」という理由で、逆の男を選ぶなよ

イケメンじゃないと無理、っていう呪いは簡単に解けます

いやあ、アラサーになると出会いがここまで減るなんて知らなかったよ

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ