恋愛

「前の彼は●●だったから」という理由で、逆の男を選ぶなよ

恋人

こんにちは、トイアンナです。「本当は好きだけど……あなたとは結ばれぬ運命なのヨヨヨ」と美しく別れられるんだったらアラサーで未婚なんかしてねえよ、なあ!?!? 荒れ気味のスタートとなりましたが、真剣に恋したからこそ最後は憎しみや後悔で終わることもあります。


「どうしてこんな男と付き合って貴重な時間を使ってしまったのか」という後悔は、どしんと堪えます。相手の男がダメだった、運がないね~とケラケラ笑っていられるのは若さの特権。アラサーにもなれば「つまり私のやり方が悪いのでは?」と自省、いえ、自責したくなるってものです。


■で、次の男、どうする?

考える女性

そこで浮上するのが「次の男、どうする?問題」です。適当に出会った男性と付き合える時代は終わった。次こそは結婚を見据えた長期的なお付き合いをしたい。だったら同じような男を選んでいても、らちが明かない!


「そうだ、次は真逆のタイプにしよう。私を大事にしてくれる男、結婚向きの人とお付き合いするの」かくして女子は決意します。


クズと付き合った女性の反動は巨大です。文学青年好きだった女性がいきなりイケイケ系商社マンと付き合ったり、イケメンこそ至上としていたあの子が唐突に家庭的な理系ラボ男子とくっついたり。次こそは結婚!と焦るときほど、「前の彼から180°変えてそう来るか!?」とびっくりする変化が見られます。


もちろん「とりあえず元彼と真逆のタイプ」を選ぶほどぶっ飛んだ女子は少数派。「冷静に考えて、経済力のある人の方がいいと思うのよ」「いくらイケメンでも、家事育児をやってくれないなら将来がつらいから」と、ちゃんと理由をたずさえて違う人を選ぶのです。


一見PDCAサイクルを回しているようにしか見えない。むしろ戦略的婚活、周囲だって反対する理由はございません。ですがこうして真逆の男を選んだ女性は十中八九、結婚前に破局します。


■ごめんね、性欲を無視しない方がいい

男女

そもそも、なぜクズい元彼と付き合っていたのか。それはあなたの好みがクズ男だったからです。もともと熱烈な恋をクズ男としたい女性が「結婚のため」とまっとうな相手を選んでも、「なんか違う」「物足りない」「私の人生、最後の相手がこれでいいのか」と浮気したくなるのが関の山。


誰にも恋をしたことがない、そもそも熱しにくいタイプならそのまま平常心で結婚相手を選ぶことができます。激しい恋をする相手より、居心地のいいひとの方が生活も楽でしょう。


けれどもともと熱烈な恋をするタイプなら、真逆の誠実な男性と結婚しても幸せを感じにくいのは分かっているはず。この世には激辛好きもいれば、ジャンクフード狂いだっております。男の趣味も味覚と同じです。クズが好きで好きでたまらないなら、それはもう仕方がない。業です。あきらめましょう、受け入れましょう。


■真逆ではなく、少しだけ角度を変えよう

楽しいデート

とはいえ、「了解! 今からDVと借金が得意な無職と付き合うね!」と言われたら私だって止めますわ。大事なのは極端から極端へ揺れ動かず、「ちょっとだけ健全な」男を探すことです。


たとえば「DVと借金が得意な無職」男性とお付き合いするのはさすがにレッドカードです。

でも「奨学金の返済が残っている無職」なら健全度が上がります。

「奨学金の返済が残っている派遣社員」なら、相当まともな男性比率が高くなるでしょう。


〇〇がダメだったからXX! と、真逆の男性を模索しても自分の心が動かないはず。元彼と真逆ということは、好きな男のタイプと真逆でもあるからです。それより「同じ界隈でも、少し健全ならどういう男がいるだろう?」と考えてみましょう。180°付き合う男を変えるのではなく、分度器をずらすように。次は楽しくて健全な恋、しませんか。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

イケメンじゃないと無理、っていう呪いは簡単に解けます

いやあ、アラサーになると出会いがここまで減るなんて知らなかったよ

独身女性は老後を考えていない、というのは間違いだと思います

「結婚はいいよ~」発言へ「独身もいいよ~」って球を打ち返したい

エキセントリックだって、結婚できるんだもん

独身と「結婚できなかった人」を一緒にしないでよ

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ