恋愛

「脳内彼氏」「BLにハマる」妄想が暴走してしまう非モテ脳診断

 

 

「もう何年も彼氏がいない」という“非モテ”系女子たち。
モテない女子の習慣とは恐ろしいもので、日に日に男性に対する“妄想”が激しくなってしまうようです。
彼女たちはいったいどんな妄想を繰り広げているのでしょうか。
バレたら死ぬほど恥ずかしい頭のなかを匿名で教えていただきました。
彼女たちの思考回路を参考に、「非モテ脳診断」をしてみましょう。

 

 

■非モテ系女子のモテない思考回路

 

男性と接することが少ない、非モテ系女子たちの頭のなかを覗いてみましょう。共感してしまったあなたは、もしかして非モテ脳かもしれません。

 

 

●その1:脳内彼氏を作ってしまう

 

「脳内彼氏とはいつもラブラブ。嫌なことがあったら、『早く彼に報告したいな……』と考えて自分を励ましている。そんな彼は、年下だけど、すごく優しくしてくれる。みんなには内緒だけど、実は、彼は今人気の俳優! 最終的には、みんなに私が彼女だということがバレてしまう……という設定」
(24歳/派遣事務/彼氏いない歴=24年)

 

妄想が進みすぎて、具現化されてしまうパターン。完璧な脳内彼氏を作り上げていると、現実の彼氏ができたときにかなりギャップを感じてしまうので危険です。

 

 

●その2:セックス特集を読んでしまう

 

「雑誌のセックス特集や、モテテクなどを食い入るように見てしまう。その道のプロになれそうな気がしてきた。だけど使うあてがない……」
(26歳/介護士/彼氏いない歴=6年)

 

モテない女子ほど、そういうことに興味が湧いてしまいますよね。現実で使うあてがないのなら、妄想に活かして豊かな妄想ライフを楽しむというのもアリ。

 

 

●その3:仕事中に妄想してしまう

 

「コンビニで働いているのですが、レジに来る男性のお客様を『この人はセックスできる』、『ごめんなさい』などと選別してしまう。しかも、お客様に笑顔で『ありがとう』と言われると、この人は私に気があるに違いないと思い込む。もしかしたら仕事終わるまで外で待っていて、襲われるかもしれないと本気で心配してしまう」
(25歳/フリーター/彼氏いない歴=4年)

 

妄想でも毎日ときめきを感じているなら、それはそれで幸せなことかもしれません。その直感を信じて、「イケる!」と思った人に声をかけてみては?

 

 

●その4:ティッシュ配りに恋してしまう

 

「街中のティッシュ配りのお兄ちゃんに『もらって! お願い!』と話しかけられ、受け取って『ありがと!』と言われると、その彼に惚れてしまう。でも後ろの女の子にもやっていて嫉妬した」
(29歳/フリーター/彼氏いない歴=5年)

 

この手の女性はきっと、根が優しい人なのでしょう。でも、こういう性格は男に騙されやすいので要注意です。

 

 

●その5:BLにハマってしまう

 

「自分がブスだということはよくわかっているので、最近BLに走りだした。かわいい男の子を見ているだけで満足してしまう。職場でも、部長は攻めで、同期の男は受け、とか考えてしまう。夜、そのふたりが残業って聞いたときは、デスクの上でよろしくやってるんだろうな……とか思ってしまう」
(25歳/商社事務/彼氏いない歴=12年)

 

もっとも現実の恋愛とかけ離れた存在、BL(ボーイズラブ)。非モテにとってBLは劇薬です。現実世界と混同せず、ファンタジーとして留めておくことをオススメします。

 

 

●その6:自分のブスを棚に上げてしまう

 

「テレビの街頭インタビューを見ていたら、ものすごいブスが映ったので、『うわっ! ブス!』と思った。ふと横にある鏡を見ると、その比にならないくらいのブスがこちらを見返していた。最近、妄想のなかの自分ばかり見ているので、こんなにブスだったっけ、とショックを受けた」
(29歳/栄養士/彼氏いない歴=10年)

 

いつかこっちの世界に帰って来られなくなってしまいますよ。つらいかもしれませんが、現実を直視することも忘れてはいけません。

 

 

●その7:カルマのせいにしてしまう

 

「わたしは前世にモテまくっていろんな男を弄んでしまった。そのせいで現世ではモテないのだと思う」
(30歳/書店/彼氏いない歴=30年)

 

切なささえ感じさせる突き抜けた妄想ですね。この境地に至るまで、どんな試練を乗り越えてきたのでしょうか。教えを請いたくなります。

 

 

■脱・非モテの第一歩は「妄想を口に出すこと」

 

現実ではモテないけど、本当はモテたいという複雑な感情が、このような妄想を生み出してしまうようです。
しかし、その妄想を溜め込んでしまうと厄介です。

 

恥ずかしい妄想や、非モテの話題は出しづらいものですが、妄想を口に出して現実を認めることが、脱・非モテへの第一歩です。
現代はインターネットというすばらしいツールが発展しています。
もしあなたが“非モテ”な妄想を溜め込んでいるなら、ここで吐き出してみてはいかがでしょうか?
ひとりでは得られなかった、慰めや気づきがそこにあるはずです。

 

◆春は恋の季節!
春は恋の季節!男のツボを突く“ゆるふわ”モテテクニック3選

 

 

■関連コラム
「エア恋愛」って何???
恋愛に悩む女がタロット占いにハマる理由
彼に試したいプロのマル秘テクニック
たま~に欲しくなる男手のアレ!?
アラサー女子の痛い女度チェック

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ