恋愛

いやあ、アラサーになると出会いがここまで減るなんて知らなかったよ

アラサー

こんにちは、トイアンナです。若かりし頃、30代のお姉さま方と飲んでは「今のうちに結婚しなよ、出会いが減るから」と言われたものでした。当時はそんなものかぁ、とぼんやり聞いていた私。20代で結婚したはいいものの、齢30にして離婚しちゃいまして。せっかくいただいたアドバイスも順守できず、アラサー恋愛市場に放流されてしまったのです。おお神よ!


■ 既婚者、既婚者、既婚者

既婚者

さあ、わたくし「いくら出会いが減るっていったって、いまどき30代独身なんていくらでもいる」と甘い考えで恋愛市場に突っ込みまして、無事に死亡いたしました。周囲を見渡せど、目に映るのは恐ろしい既婚者の群れ。既婚、既婚、既婚。そこには子なしか子持ちかくらいの差しかありません。


そりゃあ、なんとかピックアップすれば独身もおります。ですが、彼らは

「オーディオ・オタクとして全財産をアンプやスピーカーへぶっこみ、デートへ向かう交通費すら捻出できない」

「魅力的なバツイチ男性だと思ったら、離婚理由がDVだった」

「Gカップ以下の女は人間じゃないと言われ、無事に人外設定を食らう」

などなど、どうにも結婚に不向きな要素がてんこ盛りでございます。


■ 出会いを求め、旅立とうとも

出会い

とはいえこちらも恋愛ライターの端くれ。「婚活なんていつでもやれる」と家で寝ていちゃ話になりません。意を決して婚活パーティやアプリを使うと、素敵な男性がザクザク湧いて出ます。あれ、もしかして行ける? と期待を抱いてしまっているあなた、そして過去の私へ残念なお知らせです。Over 30 の女は「20代の女性と同時並行でデートされ、最終選考で落とされる」という、いっそ最初から弾いてくれよと泣きたくなる未来が待ち受けているんです。


別に我々だって「女は年を重ねるごとに美しくなるのよ」とか、「私の魅力がわからないなんて、器が小さいのね☆」なんて思っていません。むしろこれまでうまくいっていないだけに「私でよければ何卒」くらいに思っています。


でもいざ出会うと「この人と暮らすよりは……独身でいいかなあ」と思わされてしまうこともある。DV、浮気性、ギャンブル癖、マルチ商法の宣伝者etc、「本気でこれはむり」という人はゴロゴロいるんだなあ、と思い知らされます。


誰か普通の、コミュ力とかなくてもいいから「毎日歯を磨いている」「年収は気にしないので何らかの仕事をしている」「初対面で人生のトラウマを語らない」あたりの前提を踏まえた普通の男を紹介してくれ……!!


■ そして責められる過去。でもどうにもならないよ

凹む女性

……なんて「出会いがない」とうめいていると、クリティカルかつしんどい一撃を食らいます。「だから20代で相手を探せって言ったのに」と。


おっしゃる通り。でも仕事に忙殺されていたり、私みたいに結婚しても離婚していたり。結婚願望がないつもりで30代を迎え、いきなり開眼することもあります。いまさら「20代で相手を見つけておけと言ったのに」と刺されたところで、タイムマシンがない我々にはどうすることもできないよ。


30代女は婚活で不利。そりゃあ、そうでしょう。けれどそんなことを言い始めたら「美人の方が婚活で有利なのに何で整形しないの?」「出産だって20代の方が障害児になる比率が下がるのに、どうしてまだ妊娠してないの?」と無限に殴られるじゃないですか。


私たちは、今持っているカードで最善を尽くすことしかできません。過去を責められても、どうにもならいよ。だから少しでも「今できること」を考えたいんです。それが結論として、一生シングルになる決断へつながったとしても……。むしろ、生涯独身でもいい状態で伴侶を選べる者に、私はなりたい。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

独身女性は老後を考えていない、というのは間違いだと思います

「結婚はいいよ~」発言へ「独身もいいよ~」って球を打ち返したい

エキセントリックだって、結婚できるんだもん

独身と「結婚できなかった人」を一緒にしないでよ

親を安心させたいなら、相手をスペックで切るしかないの?

好きな人としか結婚したくないって言うのは、ワガママですか

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ