恋愛

男の守護本能をくすぐる「なぜか放っておけない女」とは

女性に母性本能があるように、オトコには守護本能みたいなものがある。

それは平たく言うと、女のコを守ってあげたいという本能のことである。

いくら草食系男子が世の中の多数派になろうとも、DNAに組み込まれた本能まではそうやすやすと変われるものではない。

見かけはたとえマッチョとは程遠いなよなよ系男子であろうと、女性を守りたい思いは確実に彼らの中に息づいているのだ。

なよなよ系は腕力と度胸に乏しいから、守護本能の守備範囲は狭いものの決して甘く見てはいけないのだ。


放っておけないオンナとは、ぐらついている「イス」のようなもの

オトコが放っておけないオンナとは、ずばりこの自分の守護本能をくすぐってくれる女性である。

守ってあげたい、守らずにはいられないオンナなのである。


しかし、オトコの守護本能が発動される際のある厳密な条件があることを忘れてはいけない。

守られることを過度に意識するあまりおんぶにだっこ的な、何から何まで手を貸さないと

始まらないオンナを逆にオトコは避けようとするものである。

そこら辺を見誤った空気の読めない女性が時折いるのだけれど、こういうタイプは

男性からも女性からも嫌われることを忘れてはならない。


分かりやすくたとえを持ち出して説明したい。

4本脚のイスがあるとする。

1本だけがぐらついているイスをみると

オトコは何とかその1本を補ってやりたいと思う。

その1本を補うことが自分の人生の使命みたいに感じてしまうのがオトコというものである。

ところが、4本ともぐらぐらしていてイスとしてほとんど機能していないイスをみると ほとんどのオトコはもうお手上げ状態になる。このイスとなるべくかかわらずにすむようにしたいとさえ思うはずである。


そう、1本だけぐらついた脚のイスのようなオンナを目指せば、たいていのオトコは

守ってやりたいと思い、あなたを放っておけないはずである。

しかし1本だけぐらついたイスというのは、実は基本的に自分の脚で立っていられるイスなのだ。

具体的にいうと……

自分の意見をきちんといえる。

自分でやったことの落とし前はちゃんと自分でつけられる。

何とか自分で自立して生活ができる。

などなどである。


そう、基本的に誰の手も借りずにまず自分の脚でちゃんと立って生きている女性でなければならないのだ。

そのうえで天然の抜け感があれば、もう天性のオトコが放っておけないオンナとして申し分ないのだけれど、その自信がない人はたわいもないことでオトコに頼る、甘えることをあえて意識すべきだ。

缶コーラを飲む際、決して自分でプルリングはあけてはいけない。

「爪が折れちゃうとイヤだからあけて。」と甘える。

重い荷物を持っているあなたにカレが気付かなかったら、

「ねえ、お願い。これ、持って。」と甘える。

寒い日なのに薄手のドレスでデートに出かけ、

「寒くて死にそう。あなたのコート羽織って。」と甘える。


そう、もうお気付きだろうか。

実はそこにオトコの守護本能をくすぐる計算が必要なのである。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ