恋愛

食事管理が必要なパートナー

 

食事管理が必要なパートナーといえば、スポーツ選手やモデルなど身体が資本の職業の人や、糖尿病やアレルギーなどの持病がある人、食へのこだわりが強く好き嫌いが多い人など。

 

こうした食事の管理は、毎回の調理を担当する人の負担が通常よりも大きくなるため、お互いに協力し合う必要があります。

 

メニューを一緒に考えたり、可能なら一緒に作ったり。

 

それが無理なら、感謝の言葉やねぎらいの言葉をかけてあげることが大切。

 

たとえ普通の食事でも、毎日用意するのは大変なこと。

 

 

さらに、食材や調味料の制限がある場合は、手間と神経をつかうのだから、作ってもらうことを当たり前と思ってはいけません。

 

また、作る方は、相手のことを思って調理するのだから、その気持ちが無駄にならないよう「作ってあげている」というような恩着せがましい言葉や思いは捨てましょう!

 

いずれにしても、食事管理が必要なパートナーとの結婚は、通常よりも根気が必要かも。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ