恋愛

《ダブル不倫状態に陥ったら》慰謝料請求のポイント

弁護士に聞いてみた

前回は、「《ダブル不倫状態に陥ったら》誰から誰に慰謝料を請求されるの?」ということで、ダブル不倫の場合の慰謝料請求のシチュエーションについてお話しました。


ダブル不倫の場合、双方の夫婦に被害者が1人ずついるのが特徴です。そのため、自分の慰謝料の請求したら、相手の夫婦の片方から自分の配偶者に慰謝料を請求されたというように、慰謝料請求合戦になってしまう場合もあり、慰謝料を請求すべきかどうかは、ケースによって異なります。

今回は、ダブル不倫で慰謝料請求するかどうかのポイント・注意点について解説します。


ダブル不倫の場合の慰謝料請求のポイント・注意点

ダブル不倫の場合の慰謝料請求についてわかりやすくするために、前回と同じように、A男・B子夫婦と、C郎・D美夫婦という2つの夫婦がいて、A男とD美がダブル不倫をしていたというケースで説明していきます。


①双方の夫婦が離婚するかどうか

離婚①

A男・B子夫婦がダブル不倫が原因で離婚することになったとしましょう。


この場合、B子としては、速やかにD美やA男に対して慰謝料を請求したほうがよいでしょう。離婚が決まっている以上、A男がC郎から慰謝料を請求されても、B子にとってはA男はもはや他人ですので、家計から慰謝料を支払わされる心配がないからです。


反対に、B子が子どもや将来の生活を心配して離婚を選択しない場合には、注意が必要です。自分たちが離婚しないので、B子のD美に対する慰謝料の金額は低く抑えられる傾向があります。また、B子がD美に慰謝料を請求したことをC郎が知ることとなり、C郎が離婚を選択しない場合には、D美を守るために、C郎がA男に慰謝料を請求することが考えられます。そうなると、双方の夫婦の家計から慰謝料を出し合うという経済的にあまり意味のない慰謝料請求になる可能性があるのです。


離婚②

A男・B子夫婦も、C郎・D美夫婦もダブル不倫が原因で離婚することになった場合はどうでしょうか。この場合、B子→A男、B子→D美、C郎→D美、C郎→A男と4つの慰謝料請求が成り立ちますが、婚姻期間、子どもの有無・人数、不倫関係に入ったときの夫婦関係、収入や社会的地位、A男とD美のどちらが主導的だったかなど、いろいろな事情が考慮されて慰謝料の金額が定まっていきます(詳しくは前々回の記事「不倫とお金」をご覧ください)。


②ダブル不倫の事実を知っているのは誰か

ダブル不倫が自分の配偶者だけにバレた場合、不倫相手の配偶者だけにバレた場合、両方にバレた場合の3つの状況に分かれます(詳しくは前回の記事をご覧ください)。


例えば、B子とC郎のうちB子のみがダブル不倫を知った場合、B子としては、C郎にもダブル不倫を知られてしまうと、C郎がA男に対して慰謝料を請求する可能性が高まります。そのため、B子がA男と離婚するのであれば、A男がC郎から慰謝料を請求されても構わないということになるでしょうが、離婚するつもりがないのであれば、C郎に知られないようにD美に慰謝料を請求した方が得策です。


つまり、被害者をB子1名だけの状態にしたほうが、相手の弱みや心理に付け込みやすいので、慰謝料を請求すべきという方向に傾きます。


③ダブル不倫の責任が誰にあるのか

ダブル不倫関係ですと、A男とD美の双方が悪いわけですが、どちらも同じくらい悪いとは限りません。

例えば、A男とD美が職場の同僚で、A男が積極的にD美を誘ってダブル不倫関係に巻き込んだとすれば、D美よりもA男のほうが責任が重いということになります。そうすると、C郎のA男に対する慰謝料の金額が高くなり、反対に、B子のD美に対する慰謝料の金額は低くなるのです。


④双方の夫婦の婚姻期間

婚姻期間が長いほど、慰謝料の金額が高額になる傾向があります。

そのため、例えば、A男・B子夫婦の婚姻期間が10年なのに対し、C郎・D美夫婦の婚姻期間が1年程度である場合には、D美としては、高額の慰謝料を請求されかねないですし、C郎がA男に慰謝料を請求しても、認められる金額が低くなってしまう可能性があります。


⑤双方の夫婦のどちらかが破綻していたかどうか

ダブル不倫に入る前に、離婚を前提に別居していた等すでに婚姻関係が破綻していた場合には、そもそも慰謝料を請求しても認められません。

例えば、A男・B子夫婦がすでに離婚を前提に別居していたのに対し、C郎・D美夫婦が円満だった場合には、B子のD美に対する慰謝料請求が認められないのに対し、C郎のA男に対する慰謝料請求は認められるということになるわけです。


しいたけの中華麺

このように、未婚者と既婚者との不倫とは異なり、ダブル不倫の場合には、被害者が2人いるために法律関係が複雑になり、4人の利害関係が複雑に絡まり合うので、慰謝料を請求したほうが良いのかどうか判断が難しいケースが多いです。


ダブル不倫が発覚して不倫相手に慰謝料を請求したのに、自分の配偶者に慰謝料を請求されてしまって、かえって自分たち夫婦のほうが支払額が多くなってしまったというケースもあり、結果的に慰謝料を請求しなければよかったということも考えられます。「あのときこうしておけば良かった…。」と後悔したくないですよね。


ダブル不倫の問題については、慰謝料を請求したほうが本当に良いのか、請求するとしていくら請求するのかなど、専門家である弁護士に相談してからアクションを起こすことをオススメします。



■弁護士に聞いてみた|バックナンバー

愛があればお金なんて…は甘い!【婚姻費用・日常家事債務の連帯責任編】

「一線」を越えなければ大丈夫?不倫・浮気の境界線を弁護士に聞いてみた

不倫発覚!?~慰謝料を請求するために何をすればいいの?

不倫とお金~こんなとき、誰にいくら請求できるの?

《ダブル不倫状態に陥ったら》誰から誰に慰謝料を請求されるの?

  • 田中雅大(弁護士/第二東京弁護士会所属)

    1975年生まれ。埼玉県出身。証券会社に勤務した後、2010年に弁護士登録。中小企業の法務や不動産案件を中心に扱いつつ離婚や不倫などに関する数々の男女トラブルを解決。趣味はサーフィン、草野球。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ