恋愛

不倫発覚!?~慰謝料を請求するために何をすればいいの?【弁護士に聞いてみた】

壊れた愛

芸能人や政治家など著名人の不倫報道が絶えない昨今。著名人だけでなく、あなたのまわりにも不倫をした(された)方が実は多くいるかもしれません。

では、もしあなたの結婚相手の不倫が発覚したとき、あなただったらどうしますか?

不倫は家庭生活を壊してしまいかねない大問題です。家庭のために我慢する方もいれば、離婚を切り出す方もいるでしょう。また、お金で全てを解決できるわけではありませんが、不倫をした配偶者や不倫相手にしっかり責任を取ってもらうためにも、慰謝料をたくさん請求したいと考える方も多いと思います。

そこで、今回は、不倫(不貞行為)が発覚して慰謝料を請求したいときに、どう対処したらよいのかについてお話します。


不倫をすると、どうして慰謝料を請求できるの?

不倫

夫婦関係は法的に保護されていて、夫婦には、結婚生活の平穏を維持するという権利・利益があります。そのため、不倫(不貞行為)をしてしまうと、この権利・利益が侵害されたとして不法行為(民法709条)が成立し、精神的損害、つまり慰謝料を請求することができるのです。

もっとも、夫婦といっても、いわば仮面夫婦状態で夫婦関係がすでに破綻していた場合には、法的に保護する権利・利益がないと考えられ、不倫をしても不法行為に当たらず、慰謝料請求が認められません。

また、不倫(不貞行為)は、不倫をした配偶者と不倫相手が共同して、不倫をされた配偶者の権利・利益を侵害したことになるので(共同不法行為)、不倫をした配偶者にも不倫相手にも、慰謝料を請求することができます。(詳しくは次回お話します)


不倫が発覚したら、どうしたらいいの?

結婚相手の不倫が発覚すれば、誰だって絶望的な気持ちになり、怒りや悲しみでいっぱいになるのは当然です。

不倫をした配偶者と不倫相手をそう簡単に許せませんし、懲らしめてやりたいと思いますよね。そのため、出来る限りたくさんの慰謝料を取ってやりたいと考えるのではないでしょうか。

では、そのためには何をしたらよいのでしょうか?

慰謝料を請求するためのポイントをお話します。


① ぐっとこらえて冷静に!

怒る女性

慰謝料を請求するためには、まずは、ぐっとこらえて冷静になって、あまり感情的にならないようにすることをオススメします。

怒り狂って、例えば、証拠の写真やSNSのメッセージが残っていたスマートフォンを壊してしまったり、配偶者や不倫相手に暴力をふるったり、不倫相手の自宅や勤務先に怒鳴り込んで行ったりすることは、違法行為や犯罪行為になりかねません。場合によっては、逆に訴えられてしまうことだってあります。特に、証拠を壊してしまうと、後日裁判になったときに、証拠がないために慰謝料請求が認められないなんてことになってしまう可能性がありますので、くれぐれも証拠を壊したり失くしたりしないようにご注意を。


② 証拠集めが大事!

探偵

裁判で慰謝料を勝ち取るためには、訴える側が裁判所に不倫の事実を証明しなければなりません。裁判所は当事者の事情なんて分からないのですから、あなたがいくら「怪しい」とか「女の勘で分かる」などと言っても証拠がなければ認めてくれませんし、言った言わないの話になってしまうと、不倫の事実の証明が非常に難しくなってしまいます。

そのため、裁判所に「これは不倫しているに違いない!」と思わせるだけの証拠を押さえることが大事になってきます。

例えば、次に挙げるような証拠を押さえておくとよいでしょう。


・配偶者や不倫相手が不倫を認めている場合には、不倫を認めていることを示す書面やメール、SNS、録音データなど

・配偶者と不倫相手の肉体関係があったことを示すような手紙、メール、SNSの記録など

・ラブホテルに出入りしている写真、動画、調査報告書(探偵や調査会社が作成するもの)

・二人でホテルや旅館、不倫相手の家などに宿泊したことが分かる写真や動画、調査報告書、領収書、クレジットカードの利用明細


また、直接的に不倫の事実を証明するものではなくても、積み重ねることで有力な証拠になる場合があります。

スマートフォンでは写真の撮影場所が分かりますから、配偶者と不倫相手が写っている写真が、実はホテルや旅行先で撮影されたものかもしれません。自動車のETCカードの利用履歴から、配偶者が高速道路を使って不倫相手の家の近くまで行っていることが判明することもありますし、カーナビの目的地履歴から、配偶者がホテルや不倫相手の家まで自動車で行っていることが判明することもあります。また、配偶者の財布に入っている領収書やレシートから、いつどこで二人で食事をしたのかが分かることもあるのです。


③ 不倫相手の身元調査を!

不倫相手

不倫相手にも慰謝料を請求したくても、不倫相手がどこの誰なのかわからなければ、手の打ちようがありません。不倫相手にも慰謝料を請求するためには、不倫相手の名前と住所を特定する必要があります。

また、不倫相手には慰謝料を請求せずに、配偶者だけに慰謝料を請求したい場合でも、不倫相手の名前や住所、勤務先が分かっていると、裁判上より説得力を増すことになります。

不倫相手を調査する方法としては、携帯電話の電話番号、メールの宛名、LINEやFacebookなどSNS上の顔写真やプロフィールなどが考えられます。弁護士に依頼すれば、弁護士会を通じた照会制度(弁護士法23条の2)を使って、携帯電話の電話番号などから契約者情報を割り出し、不倫相手の名前や住所を特定できる場合もあります。また、手持ちの証拠だけでは身元が判明しない場合には、探偵や調査会社に依頼して調査する必要があります。


不倫は、家庭生活を崩壊させかねない深刻な問題です。配偶者の不倫が発覚すると、不倫された側は、精神的に大きなダメージを受けるだけではありません。なんとか怒りを抑えて配偶者や不倫相手に慰謝料を請求したくても、証拠集めをしなければならない場合も多く、そのための時間も費用もかかります。他方で、不倫をした配偶者も、多額の慰謝料を請求されたり、離婚を切り出されたり、愛する我が子と別居せざるを得なくなったりするなど、失う物はとてつもなく大きいです。

幸せな結婚生活を送りたいのであれば、男性も女性も、不倫のリスクについてよくよく理解しておくことが重要ですね。



■弁護士に聞いてみた|バックナンバー

内縁と事実婚〜内縁や事実婚を破棄されたら?重婚的内縁って何?

同性カップルの法律問題〜結婚や相続はできるの?法的に保護されるの?

《婚姻障害事由とは》どのような場合に法律上結婚が許されないの?

愛があればお金なんて…は甘い!夫婦間のシビアな財産・お金の問題

愛があればお金なんて…は甘い!【婚姻費用・日常家事債務の連帯責任編】

夫婦間暴力(DV)~これってDV?DVを受けたときの対処法

「一線」を越えなければ大丈夫?不倫・浮気の境界線を弁護士に聞いてみた

  • 田中雅大(弁護士/第二東京弁護士会所属)

    1975年生まれ。埼玉県出身。証券会社に勤務した後、2010年に弁護士登録。中小企業の法務や不動産案件を中心に扱いつつ離婚や不倫などに関する数々の男女トラブルを解決。趣味はサーフィン、草野球。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ