恋愛

エキセントリックだって、結婚できるんだもん

結婚

こんにちは、トイアンナです。私はモード服が好きな人間でして、いつもよく言えば個性的、悪く言えばサイケな服を着ています。歴代の彼氏には「その服で隣を歩くのだけはやめてくれ」といさめられ、取引先には「アパレル系の案件をお任せするのはちょっと……」と直球でファッションセンスのなさを指摘されてまいりました。


■ 好きなものと、結婚はバーターにしなくていい

ファッション

「でも、好きなものは好きだからしょうがないじゃん!」と開き直ってはおりましたが、いざ婚活を経験してあまりのモテなさに愕然としました。モード服、MAJIでモテません。ならばと婚活用に真っ白なワンピースを買ってみたところ、信じられないくらいモテました。第一印象って、大事ですね……。


でもそうやって「マス受け」する格好をして気づいたのは、どうせ好きな人には出会えないな、ということでした。服にこだわりがない女性が、婚活用に清純派ワンピースを新調するのはアリだと思うんです。


けれどそもそも強いこだわりがある女性が無理して白ワンピを着ても、それは嘘なんじゃないかと。

この手のいわゆる「ファッションオタク」は口を開けば「今季の春夏グッチ良かったよね」なんて話をしてしまうわけですが、一般男性から見れば浪費家でしかないんです。そりゃあ、あらかじめファオタなことを伝えずにブランド物の話なんかした日には、誤解されるのもやむなしですわ。


でも、そこまでこだわっている女性なら、同じくらいこだわっている男性から引きがあるもの。現に私は終わっているファッションセンスをそのままに、1度は結婚できました。こだわりのない部分はどんどん婚活用にカスタマイズしていけばよいでしょうけれど、自分らしさを強く表す部分まで無理して改変しても苦しいだけです。


■ モテそうなふるまいをしても、2回目のデートで積む

モテファッション

白いワンピース、ゆるいキャリア、恋するフォーチュンクッキー。「モテる」ふるまいのテンプレはそこかしこに転がっています。でも、それをやったから結婚できるわけじゃない。そう気づくまで、長い時間を要しました。


かつて私も、ゆるふわ系女子を気取って合コンへ参加し、無事に2回目のデートへこぎつけたことがあります。


こだわりなんて捨てちまえ、やっぱりモテ服最高!と思いきや、モテ系男子に「漫画とか読む?」と言われ「あっはい、闇金ウシジマくんが好きです」と返してしまったあの日。モテ男子って、NARUTOかONE PIECEしかマジで読まないんですね……。闇金ウシジマくん、ドラマ化もしてるからてっきり誰にでも受ける漫画だと思っていました……。


■ 「これいいよね」が被る相手と出会いましょう

恋人

でも私は、そこで『闇金ウシジマくん』ごときにドン引きする人とは、やっぱりお付き合いできない。付き合ってからの話題が想像できないからです。「俺もそれ好き! その手のだと殺し屋1とか、ギャングースもいいよね」くらいの返事は期待してしまうのです。決してオタク趣味が被っていること、漫画の知識があることをよしとするわけではありません。どっちが至高の作品かで大げんかしたくはないし。

ただ、感性として「これいいよね」「これは引くわ」という分野が被るなら、それってやっぱり相性がいい。


婚活ってモテ勝負ではなく、相性のマッチングですよね。不潔、受け答えを一切しない態度は論外としても「こだわり」は許容できる相手でないと、その後が続かないものです。こだわりのある者は、白いワンピースを捨ててモードを着ましょう。「好きな漫画」に堂々と闇金ウシジマくんを書きましょう。

そして出会いの数を増やし、そのこだわりが被る相手を探す旅に出た方が、きっと婚活も楽しいはずですから。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

独身と「結婚できなかった人」を一緒にしないでよ

親を安心させたいなら、相手をスペックで切るしかないの?

好きな人としか結婚したくないって言うのは、ワガママですか

毎週婚活でもしてないと「頑張ってない」ことになるの?

勝手に非婚主義にさせないでよ、私は普通に結婚したいっつーの

元彼と会ったところで結論は「やっぱりないわ」になるだけ

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ